2017.12.06

ドライアイ講演会

講演会メモ。ドライアイ

Web講演会を開催。
●日時:2017年12月6日(水) 19:00-20:00
●患者満足を科学する 〜ドライアイ自覚症状の視点〜
涙液層のBreakup patternと眼症状
演者:京都府立医科大学 横井 則彦 先生

ドライアイにおける炎症と異物感
演者:日本大学 崎元 暢 先生

ドライアイ患者のQOLに対するジクアスの効果 〜DEQSによる検討
演者:留萌市立病院 宇都宮 嗣了 先生

参考資料

ドライアイ診断基準2016年

ドライアイ診療のパラダイムシフト 眼表面の層別診断 層別治療... - 京都府立医科大学 (横井則彦、加藤弘明)(PDF書類。資料、大きい。27MB) (一部引用、555ページ。 「 図6 TFODを考える上で基本となる4つのBreakパターン Spotbreak(左 上),Areabreak(右 上),Linebreak(左 下),Random break(右 下). Spotbreakは,上皮の水濡れ性の低下(膜型ムチンの障害),Areabreakは,高度の涙液減 少(高度水分減少),Linebreakは,軽症~中等度の涙液(水分)減少,Random breakは, 涙液(水分)の蒸発亢進がそのメカニズムとして推察される 」

「6702 患者満足を科学する 2 ドライアイTFODとTFOTの観点から」2014年記事なので、2016年のドライアイ診断基準の発表前。

◎参考の商品 MMP-9 定量キット 商品名InflammaDry ドライアイが疑われる患者の涙液中MMP-9タンパク質濃度の上昇を検出 

◎参考文献  Prevalence of Dry Eye Disease among Japanese Visual Display Terminal Users Miki Uchino , Ophthalmology Volume 115, Issue 11, November 2008, Pages 1982-1988

| | コメント (0)

2017.12.04

2017年まとめ

2017年の活動のまとめです。主にマラソン関連。他には料理など。

20171204b

  • 1月。弁当作り、去年に続いて週3回から4回ペース。
  • 2月。呉とびしま、フルマラソン部門で5時間5分で完走
  • 3月。山登りを、近所で少々。
  • 5月。基町(もとまち)アパート探訪
  • 9月。周南24時間リレーマラソンにチームで参加。偶然ですが24時間の最終ランナーとなり、良い経験になりました。走る体力での消耗より睡眠不足が体にこたえます。
  • 10月。ハンバーグ作り。6回くらい作りました。
  • 11月。おかやまマラソン。参加2回目。ネット5時間07分で完走。
  • 12月。(書いている今が12月初めなので変化なし。次のマラソン大会出場は2018年2月の呉とびしまマラソンです)

他にコンサートでは 2月 Jeff Beck, 5月 Earth, Wind and Fireなど。EWFは涙が出ました。 参考に去年の記事「2016年まとめ」もどうぞ。

| | コメント (0)

2017.12.02

Chrome上の電子カルテ

webブラウザ上で動作する電子カルテが各社から販売されているので 軽く調べました。webブラウザ上、「Google Chrome」が条件というのが多数派。 windows, macOS 両方の環境で動く商品がいくつかあり。 iOS, Androidなどタブレット対応は各社様々。 以下の項目(1)(2)(3)がChrome上動作。(4)(5)は独自アプリケーションのようです。

20171202b

(1) 『カルテZERO』。「完全無料」を掲げる商品。 動作環境『「Google Chrome」が動作すれば WindowsでもMacでも』使用可能 タブレットには非対応。WindowsOS搭載タブレットPCは対応。 運営会社の収益の説明は、公式サイトでは 「『カルテZERO』の普及に合わせて以下の収益モデルがあります。 ・レセプトチェックサービスを含む経営支援サービス『カルテFRM』 ・処方時に薬剤情報を提供する『カルテMR』」とのこと。このうち 「通常2ヶ月かかる診療報酬の当月受け取りを可能に。」といううたい文句の「カルテFRM」は画期的かもしれません。

(2) セコム オーウェルOWEL 動作環境 Windows, macOS, iOS, Android 初期費用0円、月額利用料7.75万円(税別)から、など。

(3) クラウド電子カルテ CLIPLA 商品の一部に眼科専用CLIPLA Eyeもあり。 「電子カルテ:Windows, Macで動作するGoogle Chrome 最新版」 「スマホアップロード機能:iOSで動作するGoogle Chrome 最新版 」 CLIPLA Eye、初期費用 138万円月額利用料 4万9,800円とあり。

(4) (ブラウザ上ではなさそう) クラウド型電子カルテNOA X(ノア エックス) 動作環境は「WindowsOS 7以降、MacOS 10.11以降、iOS 10.01以降、メモリ4GB以上、解像度1024×768以上です。」とのこと Q and Aの中にブラウザは Chromeを推奨とのこと。

(5)(ブラウザ上動作ではない) OpenDolphin (Chrome上ではないが)  windows, mac, iPad 対応、という OpenDolphin 

| | コメント (0)

«西区新築マンション