2018.02.19

Setouchi Jazz Castle

Setouchi Jazz Castle (略称セトジャズ)というイベントに2018.2.18昨日行きまして、大変に収穫の多い1日となりました。

20180219b

広島県三原市、三原市芸術文化センターポポロ、建物ひとつ 、4つの部屋で同時進行で15くらいのジャズバンドがそれぞれ演奏するのを自由に見るスタイルのイベント。(ただし大型のステージは使用しない。)出演はアマチュア8割くらいかな。アマチュアといっても定期的に店で演奏している上級アマチュアもいる感じ。チケットは当日2500円と格安。 SETOUCHI JAZZ CASTLE ’18 最終時間帯のゲストはこのバンド。『ユッコ・ミラー&折重由美子 with 村上”ポンタ”秀一 / 前田順三』、 今日の写真はです。若手サックス奏者ユッコ・ミラーは予備知識なしに聴いたけどすごく上手いのでびっくり。村上秀一 グループの演奏曲目は、マイルスデイビス tutu、 チックコリア「 Armando's Rhumba」と、ジブリの映画音楽ひとつ、b. brothers のサムスカンクファンク、ユッコ作曲「 Hair Style」、AWB の pick up the pieces, New York State of Mind など、でした。アマチュアバンドで印象に残ったのは、majestic sevenのトランペット奏者、takahiro urabe and kento sawada はベースとピアノの二人ともうまい。black ivory oorchestraはバンド全体に上手だし、気持ちのいいリズム。ドラムスベースギター3人が見事。 当日少し会場で迷ったのは1階と2階の移動の経路でした。道順を示す張り紙が不足という印象。他は飲み物も食べ物も適度に販売あり。来年も行くならば用意するのは寒さ対策のバスタオルです。折りたたみ椅子も欲しいかも。 (セトジャズ公式facebookも参考に)

| | コメント (0)

2018.02.08

世界の女性就業率

女性就業率とか、各国の専業主婦の率を調べてみようと資料を探しました。あまりまとまっていませんが、大雑把に書くと、日本の女性労働率は全年齢で比べると米国やフランスよりは高め。30-39歳だと他国より低め。女性就業率を高めるには、政府の補助は現金給付よりも保育施設などの現物給付が効果的らしい。日本での保育所不足は主に保育士の給与や労働環境の悪さが原因だろうという趣旨の資料が多数。グラフは、データブック 国際労働比較のp53にある「年齢階級別女性労働力率」から。

20180208b

| | コメント (0)

2018.02.05

糖尿病と運動など

京大教授森谷敏夫氏の話を軽く聴いたのでメモします。人間の生活習慣、糖尿病、運動、など。糖尿病予防には運動が大切。特に細々した立つ座るの運動が大切。カロリー摂取を減らすことに神経使うよりも運動不足に注意を払えとのこと。

  • 森谷 敏夫京都大学教授。 専門は応用生理学とスポーツ医学。
  • ◎NASA米国航空宇宙局の実験。健康な人間に完全休養実験として3週間完全にベッド安静をさせた。すると呼吸循環器系の機能低下が起こり、ほぼ3週間で30歳分の老化に匹敵する機能低下が起こった。アポロ計画の前の時代。
  • ◎日本の話。 1970-2010年と日本での糖尿病患者数は増え続けている。
  • ◎1955--2010年の日本人のカロリー摂取量を厚労省のデータでみると 平均エネルギー摂取量は1970年代が最高で2200kcal前後、その後は減り続けて1900kcal前後。単にカロリー摂取過剰だけで糖尿病が起きるならここ30年間の糖尿病患者増加はとても説明できない。これは運動量の不足が大いに関係しているだろう。
  • ◎1980-2010の日本人、男女別の肥満者の割合。ここ30年間、肥満者の割合が増えているのは主に男性。ほぼ男性ばかり。
  • ◎ブドウ糖の細胞外から細胞内への取り込み GLUT トランスポーター インスリンなどなど。 参考になりそうな資料はネットで探すと、「運動と骨格筋GLUT4」川中健太郎
  • ◎NEAT ( non exercise activity thermogenesis ) のカロリー消費の割合も大切。連続した歩行ではなくて細々した立つ座るの運動。この細かい運動が大事。

| | コメント (0)

«マラソン服装