« 広島の話題を少々 | トップページ | 全日本スキー連盟とオーストリアのスキー講師 »

2006.01.01

のだめカンタービレ新聞全面広告

今日JR電車に乗ると、偶然、向かいの座席の人が新聞をひろげていて、変わった全面広告が目に付きました。コタツに入って漫画を読む女性一人、その狭い四畳半くらいの空間に、指揮者一人と、楽器を持った人間が10人くらいバイオリン、チェロ、トライアングル、ホルン、などを持って天井から床から女性の背後から迫って演奏しているという構図の写真。この広告が「のだめカンタービレ」を宣伝しているというもので、漫画ひとつに全面広告を出す講談社もすごい勢いだなと感心します。広告上の言葉は「あなたの部屋にオーケストラがやってくる」というようなものでした。僕も愛読している「のだめカンタービレ」ですが、新聞広告では800万部を達成したとのこと。立派なものです。僕も読んでから周りの人間にすすめていますし、これからも売れ行き伸びるでしょう。これを機会にクラシック人口が増えるといいなと思います。なお参考にのだめファンのサイトのだめの登場曲目紹介二ノ宮知子サイトもどうぞ。

|

« 広島の話題を少々 | トップページ | 全日本スキー連盟とオーストリアのスキー講師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ新聞全面広告:

« 広島の話題を少々 | トップページ | 全日本スキー連盟とオーストリアのスキー講師 »