« 英語での広島生活情報 | トップページ | 小学生ICタグは高価な寄り道発見機かな »

2006.09.26

エルミタージュ美術館分館は頓挫か

少し前の記事ですが9月20日の中国新聞記事「広島県の2大構想 実施困難」を見ると、どうもエルミタージュ美術館分館計画は無くなりそうな勢いで安心しました。これは計画破棄でもいいなあ、と思います。ロシアのエルミタージュの「出張所」だから広島の独自性も出ないし、今広島県内、広島市内で美術館に「建物が不足」とは思えないからです。広島県立美術館(1996改築)広島市現代美術館ひろしま美術館(私立)、このみっつで充分に感じます。絵画や音楽に税金をかける事は大切ですが建物ばかり増やすのはよくないでしょう。開催する展示に予算を増やすなら歓迎したい。しいて足りない建物と言うならばオペラ向きホールかもしれませんがそれはまた別の話という事で。
(2006.9.27追記。中国新聞26日の記事には「広島県知事が見送りを表明した」と書いてありますね。うれしいことです。準備に1000万円単位の費用を使ったようですが、実際の建設に10億円単位でかかる費用に比べると安いものです)

|

« 英語での広島生活情報 | トップページ | 小学生ICタグは高価な寄り道発見機かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/12046088

この記事へのトラックバック一覧です: エルミタージュ美術館分館は頓挫か:

« 英語での広島生活情報 | トップページ | 小学生ICタグは高価な寄り道発見機かな »