« のだめカンタービレ効果 | トップページ | JR西広島駅近くの学習塾 »

2006.11.16

ヴァイオリンはバイオリンと書きたい

音楽の話を書く時、普段は「バ」イオリンと書いていたのに、時々「ヴァイオリン」という書き方を見かけて迷っていました。で、昨日と今日、少々調べてみて、「僕はバイオリン派で行こう!自信を持ってバ!」と決心しました。問題点は3点くらいある模様。(1).日本人でVの音で「ヴァ」イオリンと読む人はほぼいない。(2).「ヴァ」と書く理由の多くは英語に近いとの理由。(3).英語に近づけるならヴィデオ、テレヴィ、ヴァラエティをどうするという問題が出る。..などなど。(1)はほぼ間違いないです。カタカナの「ヴァ」イオリンも日本人は皆「ば」イオリンと読んでいます。僕も「ば」イオリンと読みます。英語でしゃべる時はVも違えばLも違えばアクセントも違う、要するに文章全体が英語になりますからね。(2)ヴァが英語に近いと便利かというと中学生が英語の「つづり」を覚えるにはいいけど利点は少なめ。(3)ヴィデオ、テレヴィ、ヴァラエティは今更書き換えがたいへんだ。
 で、参考になるページをいくつかネットで探しました。僕の意見にもっとも近いページは、佐々木譲資料館の、「V音表記基準」のページです。Wikipediaでは「外来語のカタカナ表記」、そして「ヴ」他に、「改悪された『教育用音楽用語』の外来語表記」もためになりました。(1991年国語審議会の話もからむ様子です)Wikipediaで見るとベートーベンも「ベートホーフェン」が原語の呼び方に近いとありますから「...ヴェン」と書いても元の呼び方に近くないというおかしな事になりますね。オマケで書くと日本語でVの発音を使わないのは別に英語フランス語に負けてるわけじゃありません。日本語の「ハヒフヘホ」をアメリカ人フランス人にマネさせると彼らはうまく発音できません。ハ行全体がフランス人に不得意だし「ヒ」はアメリカ人は不得意です。だから日本語は胸張って「ばびぶべぼ」でいいんです。今日調べるとスペイン語でもVとBは同じ発音みたいですし。(スペイン語は約3億5千万人が話していて結構多数)新聞記事をネットで見ると朝日、毎日、日経、どうやら見出しは「バ」イオリン優勢の様子。ちなみに、参考に出した画像はAppleWorksでの(Excelでも可)五十音順並び替えの、クラリネット、トランペット、バイオリン、ピアノ、フルート、の並び方です。「ヴァ」にするとヴァイオリン君の出席番号がクラリネット君より前にきて困りますよ。まあ僕も人にこう書きなさいと強制するつもりはないですが、今日から自信をもって「バ」と書きたいから今日は僕のバイオリン記念日。(ネタが古い...1987年出版サラダ記念日)Violin_katakana

|

« のだめカンタービレ効果 | トップページ | JR西広島駅近くの学習塾 »

コメント

ずっと前にCM音楽の音作りでスタジオに呼ばれた時にハーフの人がラップみたいなDJっぽい声を録音する時に「Studio」という発音を当然「ステゥーディオ」と発音するわけですが、クライアントが「え?スタジオでしょ?スタジオって言ってくださいよ」とクレーム(^_^;
はて困ったな、商品名にはカタカナでしっかりと「スタジオ」と書いてある。
だけど外人発音で「スタジオ」ってめちゃカッコ悪いんですよ(笑)

すったもんだのやりとりがひとしきりあって、結局「スタジオ」と「ステゥーディオ」の中間の発音ということでOKが出ました。
僕は笑いをこらえるのに必死でした。

投稿: じぞう | 2006.11.16 23:44

さっそく笑えるコメントありがとうございます。
「スタジオって言ってくださいよ」いいですねえ。
そういえば耳鼻科の聴力検査の機械、見ると
audio meterの横にオージオメーターと書いてあるのを
思い出します。うーんオージオオーディオオージオオーディオ...
どうも耳鼻科学会ではオージオらしいです。
ついでにビデオはビジオ、ステゥーディオはスタジオ、
これでばっちり。ン?

投稿: なおひこ | 2006.11.17 00:20

オージオ、オーディオ、、、毎年見てるのに気付かなかった(;´_`;)

投稿: yocomo | 2006.11.18 02:06

yocomoさんコメントどうも。毎年見てますか。
いやオージオも10回くらいオージオ、オージオと
口でとなえると、そのうち恥ずかしさがなくなりますよ。
ラジオ、レイディオ、オージオ、オーディオ、
ラジオ、レイディオ、オージオ、オーディオ、
...ほうらどれでも全部一緒。

投稿: なおひこ | 2006.11.18 22:28

挨拶が遅くなりました。そして古いエントリーにコメントで失礼します(笑)
ボクも普段、同じような事を感じていましたが、カタカナになってしまった時点で日本語としての扱いだろうと思います。英語の発音に近づけたいなら、英語で表記すれば良いような気がするんですよね。英語は英語、日本語は日本語で。で、出来れば、日本語で表せるものは日本語にして欲しい。カタカナを連発する人って薄っぺらに見えてしまうんですよね。

投稿: Kozou | 2006.11.23 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/12708515

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンはバイオリンと書きたい:

« のだめカンタービレ効果 | トップページ | JR西広島駅近くの学習塾 »