« 1960年代レコードジャケット | トップページ | ヴァイオリンはバイオリンと書きたい »

2006.11.15

のだめカンタービレ効果

ここ2年くらいクラシックを聴く事がふえてきて、タワーレコードにも寄るしamazonもよく見てCD買っているという生活になりました。「のだめカンタービレ」漫画の効果がしっかり出ています。ま、漫画につられてCDを買ってるやんけと人に言われたくないので「30年前からクラシックファンだ!」と宣言してもいいのですがジャズファンも同時進行で続いてますし、まあ宣言してもしなくても誰も気にしないでしょう。一人とか家族だけでクラシックを聴いてると選ぶCDの幅がどうも狭いんですが(FMラジオも電波の具合がどうも悪く)のだめを知ってから興味が出てきたのがラフマニノフ、ブラームス、チャイコフスキーというところでしょうか。ここ2年で一番よかった買い物はベートーヴェン:ピアノソナタ&協奏曲全集 / グルダ(約4500円)の12枚組でした。

|

« 1960年代レコードジャケット | トップページ | ヴァイオリンはバイオリンと書きたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/12698410

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ効果:

» 情報屋 [情報屋]
無料で漫画が読み放題情報を追加。総合情報サイト「情報屋」です。 http://information.search-online.tv/ [続きを読む]

受信: 2006.11.15 23:56

« 1960年代レコードジャケット | トップページ | ヴァイオリンはバイオリンと書きたい »