« 「庚午北」というドメイン名 | トップページ | 「過労死促進法案」国会提出を断念 »

2007.01.17

被爆に耐えた福屋百貨店

最近「ひろしま通」認定試験の公式テキスト 「ひろしま通になろう」を少しずつ読んでいます。広島の歴史を読むと福屋百貨店は被爆に耐えて残った建物である、という説明があります。(改修して使用中という事です)そういえばそうだったと思い出しましたが改めて考えると爆心地から710mにあった福屋のビルが倒れなかったというのはかなり頑丈だなと思います。ネットで調べると建築物紹介:福屋百貨店 【ARC STYLE】では現代の福屋の姿を紹介。また、RCCテレビ『被爆60年 ヒロシマの記憶』では福屋、天満橋、広島逓信病院などの被爆直後の白黒写真と動画を紹介。広島ぶらり散歩の中の7xbc福屋百貨店でも紹介。ところでネットの話を考えると「核攻撃に耐えられるコンピュータネットワーク」を目標として初期のインターネット技術が(分散サーバ)開発されていたはずですし「世界初の原爆投下に耐え残ったビル!」として福屋百貨店のビル地下2階あたりを「データストレージ場所」向けに営業してもいいんじゃないかと勝手に想像しました。このアイデア誰か図書券3枚くらいで買い取ってくれませんかね。

|

« 「庚午北」というドメイン名 | トップページ | 「過労死促進法案」国会提出を断念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/13555852

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆に耐えた福屋百貨店:

« 「庚午北」というドメイン名 | トップページ | 「過労死促進法案」国会提出を断念 »