« ガストのテーブル端末 | トップページ | 毒殺といえばチェーザレ »

2007.08.20

サーフィン禁じた宣教師

海水浴場で見ていると、少し高めの波があるとイカダ状の浮きにつかまった人は、簡単に波に乗って5メートルくらい浜に流されるのがわかります。これを見ると、誰にも教わらなくてもサーフィンは自然に生まれるんだろうなと思っていましたが、なんでサーフィンの歴史が2000年とか3000年続いていないのか、気になったままでした。で、今日Wikipediaで調べてみました。Wikipedia記事「サーフィン」。これを見て納得しましたが「少なくとも西暦400年頃には、サーフィンの原形のようなものが存在していたよう」(ポリネシアにて)との事です。僕がもしも西暦400年に島根県で生活していたらサーフィンを自分で始めていたような気もします。(今の僕はサーフィン経験ゼロですが...。)でも残念な事にキリスト教宣教師たちがポリネシアのサーフィンを禁止したんですね。(以下Wikipediaの引用ここから)「クックがポリネシアを発見・紹介したことによって、島々にはヨーロッパの文化や宗教が押し寄せた。宣教師たちは布教の妨げになるとして、サーフィンを禁止するだけでなく、サーフボードを取り上げて焼いてしまったのである。こうして、古代サーフィンは終焉を迎えた。」(...ここまで引用)なんとまあ宣教師たち愚かな事をしてくれたもんです。あとは参考記事に英語タウン記事「サーフィン」もありました。All about記事、西日本のサーフポイントを見ると島根県を代表するサーフポイントは千畳(国府海岸)のようです。以前に国府海岸に行ったときにはサーフィンの大会を開催していました。

|

« ガストのテーブル端末 | トップページ | 毒殺といえばチェーザレ »

コメント

サーフィンがキリスト教にとってどんな障害になったのでしょうね?
説教を聞かずにサーフィンばっかやりやがって!
とかの理由だったら嫌だなー(笑)

投稿: じぞう | 2007.08.21 14:59

コメントどうも。
宣教師の考え方、今となってはわかりませんねえ。
もしかしてポリネシアの人が海や風を、
神のようにあがめていたんでしょうか。

投稿: なおひこ | 2007.08.21 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/16183044

この記事へのトラックバック一覧です: サーフィン禁じた宣教師:

« ガストのテーブル端末 | トップページ | 毒殺といえばチェーザレ »