« ポーカー負ければ落下 | トップページ | ルービック...優勝16歳 »

2007.10.07

歌劇「女は皆こうしたもの」

今日はあるピアノ発表会に行きましたが、ピアノ演奏ならぬオペラ曲の歌唱、それも大変上手な歌を聴くことができて幸運でした。(モーツァルトの歌劇「女は皆こうしたもの」コジファントゥッテ Cosi fan tutteから、「見てちょうだい妹よ」(妹よ見てごらん Ah guarda, sorella)です。フィオルディリージ、ドラベッラどちらも熱演。二人が同時に歌うと声の力でホールの空気がいっせいにふるえるような迫力でありました。歌劇のあらすじは、wikipediaによれば「物語は姉妹の恋人である二人の男が、それぞれの相手の貞節を試すために互いの相手を口説いたら、二人とも心変わりしてしまった。さあどうする?というものである。」というものです。今はオペラもDVDで字幕付きでじつに簡単に見られる時代になって便利です。ちなみに僕の手元にあるDVD(日本語字幕あり、コジファントゥッテとドンジョバンニひとまとめ)の演奏はニコラウス・アーノンクール指揮のチューリッヒオペラハウス演奏。同じジャケットのものは今amazonで見つからないので、タワーレコードで買ったものだったかもしれません。)

|

« ポーカー負ければ落下 | トップページ | ルービック...優勝16歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/16690910

この記事へのトラックバック一覧です: 歌劇「女は皆こうしたもの」:

« ポーカー負ければ落下 | トップページ | ルービック...優勝16歳 »