« 三原市ラーメン「もり翔」 | トップページ | 12/15から広商デパート »

2007.12.12

fashy湯たんぽ使用感想

ここ数日、湯たんぽを使って寝ています。柔らかいドイツのfashy社製品(各種通販で4000円前後)を購入。使ってみると予想以上に快適でした。冷え性の僕にはありがたい。この製品の良い点は(1)柔らかい事。ひざや腿や足先に当てやすい。(2)しっかりしたキャップ (3)いくつか選べる外カバーの色。この三点だと思います。(コツ1):温度。「70度くらいで使いましょう」のアドバイスを読み沸騰した湯:水道水=2:1でまぜると70度に近い湯ができます。(コツ2):湯の量。約2リットルの容量に1リットル少しの湯で使用中。今はこの量で充分ですが1月はもっと湯を増やすかもしれません。(コツ3)夜の手間。湯たんぽは確かに電気アンカより手間がかかりますが、夜パジャマ着て歯磨きをして湯たんぽ準備、これを一連の作業でパッパとすれば苦になりません。(コツ4)湯たんぽを当てる場所。「湯たんぽ〜効果的な使い方と冷え性チェック 」も参考に、ひざや太ももにも当ててから足に当てるようにしました。脇の下も快適です。以上が気付いたコツ4点。製品の寿命(フタの寿命)はまだ不明ですが感心空間記事「 湯たんぼ ドイツfashy社」を読むと1年以上も使っている人がいるようだしドイツ製品だからきっと大丈夫でしょう。なお参考に「湯たんぽ」は 英語ではHot Water Bottleドイツ語では Waermflascheと書くようです(レンジで暖める湯たんぽは写真で見ると小さめのようですが。詳細不明。)検索するとflickrでのmy hot water bottle 湯たんぽでの英語日本語でのやりとりも面白い。(こういうやりとりがflickrの価値かも知れません)(追記。ファシー湯たんぽ、広島市内では東急ハンズで販売。また他にも金属製湯たんぽなど多数紹介した快適生活ドットコムの記事もありました。)Fashy_yutanpo

|

« 三原市ラーメン「もり翔」 | トップページ | 12/15から広商デパート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: fashy湯たんぽ使用感想:

» ドイツの湯たんぽ Fashy Waermflasche [ドイツ在住オヤジのつぶやき - Das Gemurmel eines japanischen Vaters]
楽天市場でドイツの健康グッズを検索していたら、沢山のカラフルな湯たんぽが検索結果に引っかかってきた。なんだこれは??まるで衣服のようなデザイン。中にはぬいぐるみそのまんまの形のものもある。カミさんにこのことを告げたら、ウチも既に買って置いてあるという。ちょっと見せてもらった。製造元はドイツのファシー(fashy)社。我が家にあるのは黄色と白の2つ。外側のふわふわとした布地でで...... [続きを読む]

受信: 2008.11.10 08:17

« 三原市ラーメン「もり翔」 | トップページ | 12/15から広商デパート »