« 巨大文字「メガgoo」は良い | トップページ | ネットは従量課金に? »

2008.04.02

ウェブデザインは「隠す」美学

昨日書いた「メガgoo」の良さをもう一度考えてみました。(今は「メガgoo一時休止のお知らせ」が出ています。好評で予想以上の利用状況とのこと。)(1).字が大きい。もちろんFirefox,Safariとも簡単に字を大きくできるんですが最初から大きい字は目が楽です。はい、僕は老眼です。(2).ムダな機能が少ない。検索の入力枠以外は飾り少々だけ。迷わない。検索結果も邪魔な広告が無い。この(2)のムダの少なさは大事なんです。パソコンソフトやウェブのサービスは多機能に向かう宿命があるけれど、多機能に向かうからこそ「使用頻度の低い物を隠す設計」「使用頻度低いボタンを隠すウェブデザイン」が大事になります。ユーザーが本当によく使う機能は何か、ユーザーが次に向かうページはどこか、それを分析して、頻度の高いものだけを画面に見せるようにすると便利でわかりやすいウェブページになるわけです。「メガgoo」なかなか良いものを見せてくれてますので明日以降の復活を待っております。1日だけと言わず続けてくださいgoo担当者さん。

|

« 巨大文字「メガgoo」は良い | トップページ | ネットは従量課金に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/40737713

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブデザインは「隠す」美学:

« 巨大文字「メガgoo」は良い | トップページ | ネットは従量課金に? »