« シンガポール経済 | トップページ | 売れないタブレットPC »

2008.07.07

オルソケラトロジー関係の勉強

福岡市でコンタクトレンズ学会に参加しました。オルソケラトロジー(以下オルソケー)の一般市民へのアンケート結果(近畿大学眼科実施)をきくと、まるでオルソケーを夢の治療のように受け取っている人も多いんだなと改めて感じます。例えば「レンズ装用をやめたら数週間でもとどおりの近視になると知っていましたか?」という質問に半数の人が「いいえ」と答えています。普段の眼科の現場でもオルソケーに夢を持っている人にはよく出会いますが、高い費用とか検査回数とか限られた近視度数とかを知っている人は少ないと感じます。この治療法を完全否定する立場ではないのですが、オルソケーは決して万人向けの治療法ではないという所を知ってもらう事がまず大事だと感じます。以前に2000-2003年くらいに自分で調べた資料をめだまカフェの「M.Cafe オルソケラトロジー」ページに掲載していますが、最近は内容を更新していないので近いうちにまた中身を更新したいと思います。

|

« シンガポール経済 | トップページ | 売れないタブレットPC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/41766481

この記事へのトラックバック一覧です: オルソケラトロジー関係の勉強:

« シンガポール経済 | トップページ | 売れないタブレットPC »