« ORCA薬剤ポケベル方式実験 | トップページ | ときめきJAZZタイム »

2008.12.21

小中学校と携帯の論点は?

小中学校への携帯電話の持ち込み禁止提言について賛否両論を見かけますが、どうも論点をしぼった記事が少ないので禁止反対賛成がかみあってない印象を受けています。しいていえば「今日の論点!ブログ意見集 ....携帯電話の持ち込み禁止」でしょうか。「ケータイ」が子どもの安全を守るのに役立つかどうか、子供の学校裏サイトやネットいじめによる被害は防げるのかどうか、校内に携帯を持ち込む児童とそれを現場で指導する教師の手間と時間、というあたりが論点なのでしょうか。なおマスメディアにとって携帯キャリア会社が大手スポンサーなので、「マスメディアは携帯会社に遠慮して携帯規制問題を偏向報道している」と指摘するブログ記事もみかけます。携帯の犯罪抑止効果は、「携帯は犯罪抑止に効果なし」「携帯電話は犯罪防止に役に立つか?」、そして「奈良女児誘拐殺人事件」(2004年)でのGPS付き携帯の使われ方も参考になります。「小中学校への携帯電話の持ち込み禁止--教育再生懇談会が提言へ」CNET記事も参考に。
(その他、最近気になったニュース。「ベルサーチ、ドバイに冷却ビーチ付きリゾート...」「...ドバイは「砂上の楼閣」に終わるのか 」「...「砂上の楼閣」だった ドバイ不動産...」さくらインターネット、発煙、などです。)

|

« ORCA薬剤ポケベル方式実験 | トップページ | ときめきJAZZタイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/43492155

この記事へのトラックバック一覧です: 小中学校と携帯の論点は?:

« ORCA薬剤ポケベル方式実験 | トップページ | ときめきJAZZタイム »