« メッツ高橋建デビュー | トップページ | 今日の弁当 »

2009.05.06

2002年のウェブ事情

連休の合間に2002年の古い雑誌を読んでみました。「web creators 2002年5月号」。(雑誌web creatorsは健在)。7年後の今読むとさすがに中身は古くてNetscape Navigator でcssにこんなバグがあるとかwin版IE5ではどう、mac版 IE5では表示がどう、とかブラウザ依存の悩みが今より多い雰囲気。ブログもSNSもYouTubeも紙面には出てきません。動画投稿のサイトも当時は無かった様子。とはいえ日本語での日記サイトは95年頃から多かったから当時日本で日記サイトと日記向けCGIがもっと普及すればブログブームは日本主導になったのかもという気がしますが。2002年の頃はDHTMLという言葉を使っているのも思い出しました。結局DHTML= HTML + CSS + Javascriptという図式で、流行って、いちどすたれて、また最近ajaxという名前で復活したというのがここ7年の流れのように自分では理解しています。あとは昔も今も変わらない色使いの原則とかユーザビリティ記事をざっとみて参考にしました。

|

« メッツ高橋建デビュー | トップページ | 今日の弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/44923044

この記事へのトラックバック一覧です: 2002年のウェブ事情:

« メッツ高橋建デビュー | トップページ | 今日の弁当 »