« メロディーから曲名検索 | トップページ | 弁当と屋内LAN配線モール »

2009.09.23

インプラント不成功体験談

歯を失った場所に人工の歯を埋め込むのをインプラントといいますが、今年、歯科でインプラントを受けようとしてできなかった、という貴重な経験をしたので書き留めておきます(長文です)。ねらいは二つで
(1)これから歯科インプラントを受ける人に中には不成功もあるという体験を伝えたい。
(2)歯科医の先生方に不成功例の参考に役立ててもらいたい。
この二点です。
手術前後の数ヶ月の流れはこんな具合です。
 A. 上の奥の歯を抜いた。
 B. インプラント土台を埋めた。
 C. インプラント土台が数ヶ月で上顎洞(じょうがくどう)に自然に移動していった。
 D. 手術で土台を取り出した。
 これがここ半年から一年の出来事です。インプラントは「土台、連結、かぶせもの」の3点の部品で完成するのですが僕の場合は土台を埋めた段階で中止しました。

 僕の体質としての問題点はおそらくいくつかあったのでしょう。昔から親知らずを抜くたびに「あなたの歯はむずかしい」と言われ続け、いろんな歯科で「歯が大きい割に顎は小さい」とも言われ、今回もインプラント決定までに何度か検査を受け「インプラント必要な骨の厚みはぎりぎり」という判定であったように思います。

 今回の体験での驚きはインプラント土台(フィクスチャー)が数ヶ月で上顎洞(じょうがくどう)に移動していた事です。上あごと、目の間には上顎洞という骨の部屋があるのですが、上の奥歯のあたりに土台を埋め込んでもらって数ヶ月後にレントゲンで位置確認した時には、タテ向きにいれた土台の向きがヨコ向きになっていました。そしてその後数週間で再検査を受けるとインプラント土台が上顎洞の上の方、つまり頬の骨のすぐ後ろの方にまで自然に移動していたのです(その間数ヶ月、生活上はなんの痛みも感じませんでしたが)。

 上顎洞に入った土台を取り出すという手術は大学病院歯学部で受けました。歯科医院の先生と歯学部との連絡もスムーズにされていたような印象です。普段は歯科治療の事も周囲にそんなに伝えてなかった僕ですが一泊二日で入院することもあり、周囲の人達にいろいろ説明はしておきました。手術後に顔がはれるから同窓会の司会にさしつかえそうだという心配が一番の理由です。
 幸運にも8月の盆休み時期に手術予定を入れてもらえました。普段から大学歯学部の皆さんは教授も含めて盆休みもせっせと仕事をしているので大変ありがたいです。歯の手術の事では僕の仕事の予定はまったく動かさずにすみました。

 手術当日は朝に歯学部に入院。ベッドや入院施設の説明を受けて手術直前にも放射線科で撮影。そしてストレッチャーに乗って手術室へ向かいました。点滴をつないで鎮静剤を全身に使いながら局所麻酔の注射を使うという麻酔方法なのですが、僕はあっさりと眠り込んでしまい、手術中の事はなにひとつおぼえていません。術前の説明通り土台の摘出は犬歯窩(けんしか)と言う部分から骨を開けて上顎洞にアプローチして取り出したようです。つまり上の唇をめくった場所、歯茎の場所ですから顔には傷がついていません。目が覚めるとストレッチャーから病室ベッドに移されるという場面でして、そこでは看護士のみなさんと話を交わしたらしいのですが、また病室で2時間くらい眠り込んでしまってそれも忘れてしまいました。手術当日の晩ご飯も翌日の朝ご飯もおかゆと少々のおかずでしたが、なんとか右の歯でかむこともできましたし、手術後にしては傷の痛みもそう強くは有りませんでした。

 退院後は何度か通院して検査を受けましたが経過は順調。顔の頬の部分のはれは3日4日程度で徐々にひきましたし手術から4日後には同窓会の司会もできました。術後一週間で糸を抜いて歯茎もすっきりし、もちろん右も左もきちんと噛んで食べる生活に戻っています。インプラントが受けられなかったのは残念ではあったものの、土台の取り出し手術が順調にできた事で気持ちの上では落ち着きました。

 念のため再度書いておくと、今もインプラントを試みてくれた歯科には通っていますし、特に災難に会ったと感じてもいません。運悪く僕のように不成功に終わる場合もあるんだなという話をネットの片隅に書いておけば、これからの歯科インプラントに役立ててくれるという希望を持っています。
 (写真は上顎洞の上前方にあるインプラント土台)
Implant_m_sinus

|

« メロディーから曲名検索 | トップページ | 弁当と屋内LAN配線モール »

コメント

そうかぁ。
インプラントにはダメな人もいるというのは知ってたけど、まさかこんな身近になぁ。

かくいうおいらも実は下顎奥歯左右ともインプラントなんだ。
(左右合わせて6本分)

骨の厚みはおいらもギリギリだった。
最終的には何とか成功したけどね。
銭金の話になって恐縮だけど、そんだけで\720,000なり。
安くね?

名古屋では結構有名なDr.で、歯科助手もベッピンさんで通院はちっとも苦痛にならなかったなぁ。

でも、もうそろそろメンテナンスに行かなくちゃいけない。
お金ためなくちゃ^^;

投稿: みちやん | 2009.09.24 08:48

おお!6本もあるとはインプラントの王者!
6本あわせてその値段なら安いもんでしょう。きっと。
身近にインプラント受けた人がいるとは初めて知りました。

投稿: なおひこ | 2009.09.24 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/46292024

この記事へのトラックバック一覧です: インプラント不成功体験談:

« メロディーから曲名検索 | トップページ | 弁当と屋内LAN配線モール »