« 福岡旅行第二部 | トップページ | プロジェクター »

2010.04.07

福岡旅行第三部

福岡旅行記、第三部「観光案内など」
たまに遠いところに観光旅行に行くと、「観光客向けにどんな宣伝してるかな」というのが気になります。で、それが地元に住んでいると気がつかなくても観光客にはわかる魅力だったり、地元が力を入れてるけど観光客にピンとこないものだったり、いろいろすれ違いがあるわけですが。今回の旅で気になった事を思い出した順に。
(1) 100円の循環バスは便利で安心。観光客は現地のバスカードとかを持ってないから、100円玉で両替がほぼいらないバス均一価格は魅力。広島で何度か実証実験している100円の循環バス。福岡では100円バスは定着しているみたいでした。(バスがあることに最初気づくのが時間かかったけど。)
(2) 観光向けの多言語案内は文字だけにしてほしい。九州は韓国人中国人観光客が多いから、案内が多言語の文字で書いてあるのは許しますが。電車やバスの多言語車内放送は長過ぎるし、うるさいのでやめて欲しいです。4カ国語放送は時間も4倍。外国人観光客向けは一度聞き逃したらおしまいという音声ガイドはあまり良くないです。たとえロンドンの地下鉄で「ツギワ、ヒースローエキ、ニ、トマリマス」と日本語で言われてもたいていの日本人は聞き逃すでしょう。広島県の例だと、確か宮島行きフェリーが3カ国語の音声案内でうるさかった記憶があります。
(3) 乱立している列車ICカード。観光客にとってはICOCAやsuicaですべて乗れるとありがたい。今回は福岡の地下鉄、西鉄、を乗り継いでいろいろ現金で切符を買いましたが...。(今、調べたら、なんとICカード:4社、相互利用開始 - -JR九州、西鉄、福岡市地下鉄、JR東日本の記事があった! 「SUGOCA, nimoca, 「はやかけん」, suica 。 」3月13日から1枚で4社の電車、バス、地下鉄に乗車できていたとは!気づかず残念。JRの駅にせめてポスターくらい貼っていてくださいよ。僕が見てなかっただけかなあ。)
参考として愛媛県松山市。松山はおサイフケータイ先進都市2006年記事。
 今日の弁当は、ピーマン、ごぼう、にんじん、つくね、卵焼き。
100407bento


|

« 福岡旅行第二部 | トップページ | プロジェクター »

コメント

>アンゴスチェラビターズ
 某サイトのオフ会に何度か持っていった事あり。
そのサイトの主宰曰く
「何でこんな酒持ってンだよ…全く…」
 買ったから持っているんだが…ナニか?

投稿: クレイジーピエロ | 2010.04.07 20:05

アンゴスチェラビターズ持参ですか。
僕はその方面わからないけど、
なんだかツワモノがすごいブツを
持ってきたという感じなんでしょうね。
ところで自家製ラー油ですが、
こんにゃくを炒って
ラー油で味付けして食べても
大変おいしゅうございました。

投稿: なおひこ | 2010.04.07 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/48017456

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡旅行第三部:

« 福岡旅行第二部 | トップページ | プロジェクター »