« Twitter上のデマ | トップページ | 最近の歩数計 »

2010.07.08

社内公用語と英語

「楽天が社内公用語を英語に」の話題をここ数日ネットでみかけます。僕の感じるには問題点はみっつあり、
(1) 三木谷氏の話す英語が流暢かどうか。
(2) 「仕事に必要とされる」英語の要素は何なのか。
(3) 国際ビジネスのために社内公用語を英語にするのが有効かどうか。
この三点あたりがごちゃまぜになっているような気もします。
で、参考になると思ったのが
三木谷Engrishを擁護する 理系脳毒之助Diaryです。筆者の毒之助氏は仕事に必要な英語は何なのかを良くつかんでいます。
 さて、僕の意見を上記の三点で。
(1)三木谷氏の話す英語。ほどほど流暢と感じます。もっとゆっくり話してほしい場面もあるけど十分通じる英語。
(2) 「仕事に必要とされる」英語。これは 決して流暢な英語ではなくて、クセがあってもナマリがあっても自分の主張が相手に伝わる話し方(もしくは相手にききかえす力や、きかれてもこちらが補足できる力) と思います。
流暢でないけど仕事で通じている英語というものを使っている人々はアジアにもヨーロッパにも大勢いますが僕の思い出すのは1997年2006年まで国連事務総長をやったコフィー・アナン氏。
YouTubeでのKofi Annan Farewell Speechを見てもイギリス人風に話すとかアメリカ人風に話すわけではなく、なまりのある英語だとおもいますが、こういうのがちゃんと仕事の場面では通じるものです。
 流暢な英語の日本人は例えば 小林克也氏の話す英語があるでしょう。少なくとも英米のロックミュージシャンにインタビューするという役なら小林克也氏は完全な仕事をします(例、David Coverdale インタビューとか
Billy Joelにインタビュー)。
 では小林氏をそのまま石油採掘権の交渉の通訳に中東に連れて行ってよいのか、日本とインドネシアの条約締結の場で有能な通訳ができるかというとそれはまた別です。
(3)国際ビジネスのために社内公用語を英語にするのが有効かどうか。 これは賭けでしょう。楽天はたまたま、今そういう方法に賭けてみたのでしょうが3年後5年後に成果が出るかどうかわかりません。企業が100あれば100通りのやり方があるだろうし、楽天が今そうしたいならどうぞというところです。1960年代に日本企業が自動車、家電、精密機械で世界の市場を開拓した(多数の企業が成功した)とき、社内公用語を英語にしたところはなかったように思いますし、僕は自分が社員数1000人の企業のトップになっても社内公用語を英語にしない予感はします。むしろ日本から発信する貴重な情報は英語だけでなく中国語フランス語スペイン語あたりでネットに多数ばらまいた方が良い場面もあったりして、英語単一依存の方針はちょっと損するかなと思います。あと外資系企業の日本人から時々きく「英語だけ話せるけど肝心の仕事ができない奴が社内にあふれてて、仕事の効率が上がらない」という状態に楽天がなるんじゃないか、というのも気になる点です。
 余談ですが社会でのコンピュータ利用度が増して来た時代に、「社長も専務も部長もみなワープロ自分でうたなくちゃ大変だ!」のように手段が目的と混同されていた時代をちょっと連想しました。 社長と副社長あたりはコンピュータの操作を覚えるよりはコンピュータを使える秘書を置いた方が効率があがるように、自分で英語を習うより通訳を呼んだ方が効率があがる企業が大半じゃないかな、と、僕は想像してます。
 今日の弁当は、ほたてフライ、 キャベツ、卵焼き、さやいんげん。
100708bento


|

« Twitter上のデマ | トップページ | 最近の歩数計 »

コメント

英語が話せるというのはあくまでも手段で、流暢に話せても伝えるべきものを持たなければ何も意味がないと思います。
決して自分が流暢にしゃべれないことを擁護してるんじゃなく(笑)

仕事においては、ものごとをひとつずつ決断し、前に進めて行く能力があるかどうか。

海外生活では自国の文化や生活について、きちんと知識を持ち、知りたくて集まってくる外国人にちゃんと説明できるかどうか?

外国の友人は本当に興味シンシンでいろんなことを聞いてきますからねー。
語るべきものを持たないほうが恥をかきます(笑)
私がいつもとめてもらうお宅はお相撲大好き一家で、、渡航前に予習が欠かせません。

投稿: ルカ | 2010.07.08 02:31

 もう“広島弁”が公用語で良いぢゃん。
または“エスペラント語”。

投稿: 暮維持 飛衛郎 | 2010.07.08 05:36

ルカさん
コメントありがとうございます。そうそう、
日本独自の文化について質問うけることも、多いです。
でもって相撲、これ僕さっぱり知らない分野でして。
日本語できかれても英語できかれてもさっぱりです。いやはや。
「ものごとをひとつずつ決断し」も
大切なんですよ。
(ここで先週から頼まれてる、ある仕事を
思い出して深く反省)

投稿: なおひこ | 2010.07.08 07:40

ピエロさん
実はアイデアとして社内公用語を広島弁という風に
書こうかと思いついたんですが、
話が長いのでやめておいたんです。ピエロさんに
先に書かれてしまった。くやしい。
「世界でただひとつの独自のものこそ、世界にアピールできる」とか理屈こねたら、社内広島弁という戦略、
けっこういけますよ。

投稿: なおひこ | 2010.07.08 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/48823352

この記事へのトラックバック一覧です: 社内公用語と英語:

« Twitter上のデマ | トップページ | 最近の歩数計 »