« 最近の歩数計とwifi | トップページ | 登泉堂、かき氷 »

2010.08.13

読売新聞がiPhone恐怖拡大?

読売新聞 YOMIURI ONLINE のこの記事「iPhone、ウイルス感染で勝手に電話の恐れ」を読むと、なんだかiPhoneむけに新ウイルスでも出たみたいな記事の書き方なんですが。その根拠の「ラック」社の記事「<注意喚起>アップル社製iPhoneやiPadの脆弱性を... 」を、二度読んでみても、「8月12日現在では、その存在は確認されていませんが、」という記事だけ。つまり勝手に電話をかけるウイルスはまだ登場していません。
 「ラック」社は、まだ世の中に出てないウイルスの予想記事を「可能性として」、もしくは一般論として書いてるだけなんです。どっちみち「iOS 4.0.2 ソフトウェア・アップデート for iPhone 」は入れておきましたけどね。
 何年も前から、スマートフォンがウイルスに乗っ取られたら勝手に電話されるだろうな、とい予想記事はあるんだから(2002 年頃から?)、今更こんな記事書かれてもなあ、というがっかり感だけあります。WindowsCE, Android, iPhoneみな同じだけ可能性ありますからね。今だとウイルス作者はシェアの大きいAndroidか iPhoneを狙うかなという気はしますが。
(追記。その後、ラック社の解説ページの冒頭にピンク色で但し書きがつきました。「8月12日現在、弊社ではウイルスの発生は確認しておりません。」と明記しています)

|

« 最近の歩数計とwifi | トップページ | 登泉堂、かき氷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/49135152

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞がiPhone恐怖拡大?:

« 最近の歩数計とwifi | トップページ | 登泉堂、かき氷 »