« ピュアオーディオのピュア | トップページ | ビゴーテのスフォリアテッレ »

2010.10.24

iPad立体Graphbook

22日の日記にも少し書きましたが, iPad, iPhone用のグラフの無料アプリ「Graphbook」というものを入手しました。立体グラフをiPadで「さわる、回す、縮める、伸ばす」という感覚。ひたすら遊ぶだけ。あれこれやっても数式は打ち込めません。自分で式を打ちたい人は2300円の有料版 "Spacetime for iPad"を買ってくださいという事です。
「グラフを指で触ってグリグリ回せる」というのが楽しいんです。数式を理解してなくても英語知らなくてもよし。右上の「Plots」ボタンからグラフえらんで画面の中央をグリグリ触るだけ。これで「うひょー!」とうれしくなるか、「それがどうしたの」と10秒で飽きるか、そこは好き嫌いがわかれます。ええ。ここで何も興味わかない人はこの先は読んでも退屈だと思います。
 おすすめは上から7番目、「Spherical Plot」。このイボイボのゴツゴツ感を指で回すのが「あー、画面のむこうとこっちがつながってるなあ」と実感できていいんです(イボイボはあっても、肩こりは治らないけど)。
 別のアプリとして「Quick Graph」(無料)も試してみました。二次元、三次元グラフともあり。あらかじめ用意されたライブラリ数式もあり。二次元も三次元も、複数の数式を選んで同時に表示できて、数式変更も簡単。(ちょっと数式入力ウインドウが狭いが)。だけどQuick Graphは実用優先で、娯楽の要素が少ない。Graphbookの「触れ!楽しめ!」という方向のモノとは違います。
 以下は懐古ネタ。1988年か1989年頃にはMathematicaという高級な数学ソフトがあったなあというのを思い出します。当時のMacSE/30, MacIIcx、あたりで動いていて、ソフトの値段が10万円くらい。動作にも当時としてはぜいたくな8MBくらいのメモリが必要で、立体グラフがアニメーションで動かせて、「おお、これはコンピュータがせっせと働いてる!」と実感したものでした。
「ファーストステップMathematica: 数値計算からハイパーリンクまで」( 著者: 小峯龍男9)という本もありました。今Mathematica 7の値段を見たら6万円から77万円まで。なんかすごく高価なソフトになってますね。「Microsoft Windows、Mac OS X、Linux x86、Sun Solaris のオペレーティングシステムでご利用いただけます。」という注釈あり。Solarisに今でもちゃんと対応。
MacOSXでは今はGrapher.appというのが(MacOS9時代は「グラフ計算機」だったかな)無料でついていて、ちゃんと数式も入れる事ができて各種パラメータ変更もできるわけです。興味ある人はそちらもどうぞ。
Graphbook3d1


|

« ピュアオーディオのピュア | トップページ | ビゴーテのスフォリアテッレ »

コメント

 お久しぶりです。
 Mathematicaの話,とてもなつかしく聞きました。
 当時,僕もSE/30で,使っていました!

投稿: 久保田英慈 | 2010.10.26 02:23

コメントどうも。
Mathematicaはその当時
すごく盛り上がりましたよねえ。
SE/30はまさに名機でした。
(最近は不思議とMathematica関連の話題を
身の回りで耳にしないんですよ)

投稿: なおひこ | 2010.10.26 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/49837272

この記事へのトラックバック一覧です: iPad立体Graphbook:

« ピュアオーディオのピュア | トップページ | ビゴーテのスフォリアテッレ »