« 愛用ボールペン | トップページ | 今日の弁当 »

2011.02.24

オンライン英語教室

調べものをしていて、Skypeオンライン英会話教室の存在を知りました。ここ数年オンライン英会話で開校した会社が多いようです。講師は主にフィリピン人で一部日本人。道具は自宅のパソコン、ソフトはSkypeなど。料金は全般に安めの設定で回数券(15回5000円など)や、月額5000円から10000円程度など。テキストは学校により様々。
all aboutの記事「スカイプ英語レッスンで...」、ブログ記事その1「スカイプ英語...」、ブログ記事その2「フィリピン人の格安英語...」、ブログ記事その3「Skypeの大規模障害とオンライン英会話2社の対応」で概要はつかめます。
 以下は各学校の公式サイト。
(学校1)レアジョブ
(学校2)アイトーク イングリッシュ
(学校3)しゃべり場
(学校4)ラングリッチ
(学校5)(日本人講師中心)ワールドトーク
(学校6)Vivid Communication
他、参考に「skype 英語 レッスン」google検索結果
 個人の体験談ブログ記事では、予約がとりにくい状況や(これは当然か)、予約時間より遅れて開始するレッスンのことや、Skypeの障害など、小さい不満の感想もチラホラあります。
 以下はオマケ。オンライン英語教室以外の資料。産経ニュース記事「100円英会話脚光 海外講師と無料通話で価格破壊」記事文中の『...「NOVA」や「ジオス」など大手が過当競争で相次いで破綻し、...』と背景の解説あり。「英語の勉強したい人はiknowよりESL Podcast聞こうぜ」ではポッドキャストの利用、NHK基礎英語(ストリーミングもあり) NHKラジオ 基礎英語1テキストは、定価 380円。
僕はNHKラジオをさんざん聴いて英語を勉強したのでラジオ方式が好きですけど。今のSkypeのオンライン教室も人によってはよいのかも、と思います。(Skypeは時々通信状態が悪くなるので、それも覚悟の上で)
 英会話教室の講師の質に関しては、英語の発音が純粋かどうか、よりも「語学を人に教えた経験がどの程度あるのか」を優先した方がよいと思っています。景気の良かった1980年代にも英会話学校は乱立していたけど、イギリス人やオーストラリア人というだけで英語教師経験ゼロの人間をそのまま講師に採用していたような学校もあって、そういう「英語はしゃべれても教える事はうまくない」先生にあたると大変損をすると思います。そういう意味ではフィリピン人(なり他のアジア人ヨーロッパ人でも可)が日本人に英語を指導する仕組み自体はそう抵抗は感じません(同様に、日本人がみな日本語講師になれるわけではありませんしね)。
 今日の弁当は、れんこん、ひき肉、豆苗、じゃがいも、卵焼き。
1110224bento


|

« 愛用ボールペン | トップページ | 今日の弁当 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オンライン英語教室:

« 愛用ボールペン | トップページ | 今日の弁当 »