« 今日の弁当 | トップページ | iPhone 4SでSiri実験 »

2011.10.14

GoogleマップWebGL

Engadget日本語版記事 「動画:Google マップ が WebGL をサポート、...」で知りましたがグーグルマップをChromeで使うと新機能がいろいろ使えます。僕の環境だとMacOSX 10.6 + Chrome 14 で使えました。
地図表示でのビルの3D表示もなかなか便利ですが、一番気に入ったのは「斜め上から見下ろした航空写真を4方向から回して使える」機能。
 この機能「斜め上航空写真」が使える場所は限られていて、機能有効な場所で航空写真を拡大すると左上に「紅白の方位磁石のボタン」が出てわかります。方位磁石ボタンの左右をクリックすればずるっと回転。うまくいった場所の例は、
アップル本社ビル
グーグル本社ビル
(デモ動画にある)ローマ
golden gate bridge 金門橋
ロスアンゼルス市内
などなど。シアトルのスペースニードルではだめでした。僕が試した範囲では東京、大阪の都市部ではまだ斜め上航空写真は収録されてないようです。
Gmapsgl1


|

« 今日の弁当 | トップページ | iPhone 4SでSiri実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/52996696

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleマップWebGL:

« 今日の弁当 | トップページ | iPhone 4SでSiri実験 »