« 職場twitter体験記要約 | トップページ | 長いカタカナ用語に不満 »

2012.06.17

職場twitter体験記要約2

昨日の記事の続き)
公式twitter開始までの事務準備、機材準備。
◎アカウント獲得。三種類希望を考え、hiranoeyeで第一希望を獲得。
◎アイコン画像準備
◎受付機材。iPod touchで tweet ATOK 準備。
◎iPod touchで文字打つ練習。(皆すぐ慣れた)
◎方針指導。書くもの、書かないもの。
書く: 休診日、演奏会予告、待ち時間、天気ネタ、カープネタ、地元西区ネタ。
書かない:有名人訪問。患者を特定できるヒント。仕事のグチ。
そして職員に過去の企業炎上事例も説明。
◎発言予備ネタとして10個程度発言を用意。季節の話、天気、午前の渋滞、買い物情報、演奏会は1ヶ月前からくりかえす、コンタクトのアドバイス
◎フォロー方針。参考資料は企業 Twitter アカウントはフォロー返しをするべきか?2009年記事。現在のところ、当眼科ではフォローされた人に対してほぼこちらからもフォローしている(今後変更もあり)。
◎フォロー方針2。こちらから当初フォローしたのは地元の新聞、テレビ、タウン誌、書店、美術館、広島在住の個人など。
◎4月初め、運用を開始。ツイッター開始しても、こちらをフォローする人が少ないと、ほぼ反響はゼロ。手応えは何もありません。
◎当眼科での二ヶ月半の失敗例。書くことを忘れる、気がついたら数時間投稿なし、誤字脱字をやった、など。大きな失敗は、うどん店の営業終了の月日の間違い。
◎二ヶ月半の成果。フォロワーはまだ少ない。行事予定や、休診日お知らせは機能している。成果はまだまだこれから。
◎まとめ。 職場twitterを数ヶ月、準備は機材より方針決定が大切、炎上防止策は各社模索、トラブルは書き間違いなど、成果はまだ不明。
====
以上が発表内容です。iOS24hの企画運営の方々、大変お世話になりました。

|

« 職場twitter体験記要約 | トップページ | 長いカタカナ用語に不満 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5739/54989910

この記事へのトラックバック一覧です: 職場twitter体験記要約2:

« 職場twitter体験記要約 | トップページ | 長いカタカナ用語に不満 »