« MRI と緑内障で論文 | トップページ | コメダ珈琲店その後 »

2013.02.08

防衛 TowerMadness

数日前にThe Creepsの事を書いたばかりですが今日も防衛ゲームの話です。最近やったiPhone用の防衛ゲームが「 TowerMadness, v1.19.1」(250円)です。広告付き"...Zero"は無料。iPad用TowerMadness HDは700円。( iPhone用をiPadで動かすと低解像度)
Towermad_icon

短所:
 言語は英語ドイツ語だけです。最初の導入説明は「敵宇宙人に羊をみなさらわれたら負け」と理解すればOK。少々文字説明が多くて途中から面倒に感じますが「敵キャラに新顔登場だ!このキャラは〜」「新武器を入手した!」とかの説明は読まなくてもほぼ大丈夫です。または日本語の攻略ブログとかを読めばなんとかなります。
 操作方法のわかりづらさも気になります。ゲーム途中で一時中断するときはmenu画面に行くことで一時中断になることを知ればトイレ休憩も安心してプレイできます。メニュー画面からresumeで停止を再開。再開後は秒読みが3秒あるので親切。
長所:
このゲームの良さは面クリア直後の画面再生機能。0.5倍速から等倍、2倍4倍8倍まで可変で、自分の攻撃のすすめかたを復習できます。ただし再生は一回だけ。ゲーム進行中も復習画面でもゲーム画面の立体的表示が常に可能。拡大縮小はかなり自由。
オマケ:
攻略法を知らないうちにGuided Missiles(箱2個乗せたやつ)を使った時は射程の長さに驚きました。
攻略資料:
武器の特性を書いたページは「ノーマル」 TowerMadness(増補改訂版)(図版付き)と、メモ用紙 TowerMadness敵武器のまとめ(文字中心)。また、各面攻略のブログは、攻略ブログ1 TowerMadness(タワーマッドネス)完全攻略(自分とはまったく違う攻め方でした)と、攻略ブログ2「TowerMadness無料武器で完全攻略」があり。このふたつは、作者名が見当たらずゲームへの愛着を感じない淡々とした文章で不思議な感じでした。もうひとつ攻略ブログ3「Tower Madness解説/攻略法紹介ブログ」これは人間くさい文章でなかなか味があります。この中で「iPad版Tower Madness」を見ると、iPhone版とはいろいろ違いがあるみたいです。
(追記。 Madness Danger Meadowの面では、基本の安い武器 (Plasmatron)と、Guided Missiles の2種類で充分クリアできる事を何度か確認しました。Guided Missilesを四カ所でレベル5(茶色)まであげる方法でも大丈夫。またはGuided Missiles 2台。1台をレベル5で1台をレベル6(赤い)まで上げる方法でも可能。Plasmatronはレベル6の白と紫にすると多少は虫を足止めしてくれます。)

(追記2017.2 良いブログ記事を発見しました。「TowerMadness(タワーマッドネス)攻略 [武器編]データで見る費用対効果の考察」2014年記事です )

|

« MRI と緑内障で論文 | トップページ | コメダ珈琲店その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MRI と緑内障で論文 | トップページ | コメダ珈琲店その後 »