« 大塚国際美術館、訪問記 | トップページ | パスワード管理アプリ比較 »

2013.05.06

ひろしま菓子博を体験

半年前からチケット買っていた「ひろしま菓子博2013」ついに行きました。雑感をあれこれ書いておきます。
2013kashi_iriguchi

◎意外に混雑が続いていたような4月の状況。きっと盛り上がらないだろうと予想していたら予想が大はずれ。2時間待ちとかの列の情報を見るとこれは大変だと思いました。
◎iOS/androidアプリでの混雑状況の情報は毎時更新で便利。これは役立ちました。
◎事前にブログやfacebookなどで混雑情報を知っておくのは大事でした
◎今日月曜祝日、夕方5時半で入場は楽。
◎祝日の夕方で、混雑は主に二カ所。シンボルゾーン内の「お菓子のテーマ館」と、出会いゾーン内の「夢のお菓子ランド」。◎「お菓子のテーマ館」は20分待ちとの表示が現地で見えたけど、結局はいるのをあきらめました。
◎よかったのはグリーンアリーナより南の「にぎわい味わいゾーン」の部分。適度にソフトクリームなどなど店が並んでいたし、座る場所もイスじゃないけど石の花壇横にすわれてよかった。
◎「店舗エリア」での「クリームぜんざい」おいしかった。復刻販売とのこと。「全菓連青年部 中四国ブロック 戦後60年間にわたり多くの人に愛されたクリームぜんざい」との能書きだったけど、いったい何という店だったのか?
◎調べてみると、お菓子何でも情報館の廣島クリームぜんざい2013 テスト販売で文中に「かつて広島駅前にあった名物店「甘党たむら」のご主人にもご協力いただき、」とあるので、主に「たむら」の味が基本になっているという事でしょう。甘党たむら関連記事は甘党たむらが閉店って(おそらく2008年年末で閉店)。関連記事「クリームぜんざい」-若手経営者ら戦後の味を再現
もうひとつ関連記事甘味  〜甘党 たむら〜によると広島市南区猿猴橋町3-5にあったらしい。
◎「全国お菓子めぐり館」は地域によってやる気のあるところと無い所の差がはっきりでてました。僕の実感では、大阪、神戸、京都の関西部門がだんぜん良かった。展示も立派、売り子の人も多い、販売お菓子も多いというので関西部門は熱気あり。他は関東も東北も九州も展示が8割で販売が2割くらいという覇気の無いブース。関西人やるな。

(2013.5.9追記。「hironari 」さんの書いた良い記事を見つけました。
「広島菓子博に行った感想」 ひろしま菓子博の良い点悪い点を明確に指摘してくれてます。)
(写真は夕方、人の少ない時間帯の会場入り口)

|

« 大塚国際美術館、訪問記 | トップページ | パスワード管理アプリ比較 »

コメント

私は、5日こどもの日に参りました。(夕方です。)「お菓子のテーマ館」行きましたよ。
作品としてはあっぱれ、でしたが美味しそうじゃないかな。「クリームぜんざい」主人が食べていました。昭和のお菓子、とか言われてちょっとショックでした。2時間くらい楽しみました。広島檸檬もみじまんじゅう美味しかったです。

投稿: みに | 2013.05.07 20:07

お菓子のテーマ館うらやましい。「厳島神社」は
迫力ある作品らしいですね。
「クリームぜんざい」は甘党たむらの店が
営業しているうちに行くべきだったなと後悔しました。
純喫茶パールは営業期間のうちに何度か行ったんですよ昭和の思い出として。
純喫茶パールから歩いてすぐの
甘党たむらを知らなかったのは勉強不足でした。

投稿: なおひこ | 2013.05.07 22:28

クリームぜんざいは平安堂梅坪の竹内社長自らがしこしこ作って売りよったですよ。私もいただきました。うまかったです。彼のアドバイスで5月5日の夕方から入場し、お菓子のテーマ館、Live、お菓子バザール2館など回りました。待ち時間はほとんどなくスムースに回れました。

投稿: yocomo | 2013.05.18 00:40

おお、現場で平安堂梅坪の社長さんが作っていたんですか。
おいしかったですね。

投稿: なおひこ | 2013.05.18 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大塚国際美術館、訪問記 | トップページ | パスワード管理アプリ比較 »