« 中年男性でコンタクトを始めると不便多い | トップページ | 西区で建築中マンション »

2013.07.06

塩に弱くなってきた

 ここ1年感じる事に、自分の体が30歳や40歳のころに比べて「食べ物の中の塩分」に弱くなって来たんじゃなかろうかという漠然とした感覚があります。数字で測ってないので客観性がありませんけど、
例えば、むすびの「むさし」の弁当は(広島地域だけかな)、おにぎりの味が濃くて、これが10年前だと、味が濃いなと感じながらもパッパと全部食べていたわけです。今だと途中で辛くてだんだんつらくなる。お茶たくさんとか水たくさんが一緒でないとつらくなります。
 スパイスに弱いのは20歳の頃からもきっとあまり変わってないだろうけど、塩分はどうもここ数年だめになりました。もしかすると化学調味料の多めの料理も苦手になってきたのかもしれません。化学調味料の多い少ないについては僕は鈍感だしさほど危険だと考えていませんけど、それでもコンビニ弁当などで「なんだか妙に味付けが口に残るな」と思うのに当たると、これが化学調味料のせいかな、とぼんやり想像してます。

|

« 中年男性でコンタクトを始めると不便多い | トップページ | 西区で建築中マンション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中年男性でコンタクトを始めると不便多い | トップページ | 西区で建築中マンション »