« 一楽章未完成 | トップページ | ザ・パークハウス広島タワー »

2013.08.07

地方自治体と医療ネット

病院と診療所などを結ぶ、地方自治体での医療ネットワークについて調べたのでメモをここに残します。断片的情報でまとまってません。長崎、宮城、静岡、広島など。
長崎。あじさいネット
2004年から運用が続いている様子。参加医療機関多数。
みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会 (MMWIN)宮城県。2011年から運用かそれとも準備段階か。
ふじのくにバーチャル・メガ・ホスピタル静岡県立病院機構。富士通の紹介記事。記事表題が「長年の課題「1患者1ID化」...」とあるように、医療ネットでは各地域、まだ1患者1ID化が実現してないところが多いです。
もみじ医療福祉ネット広島県廿日市市が本部。JA広島総合病院などが中心になって活動中。
ひろしま医療情報ネットワーク(HMネット)「HMカード」と「情報開示カード」の2種類を使うことで、患者個人が自分の情報を他施設に見せる、見せない、を管理する仕組み。
名古屋掖済会病院(えきさいかい )の例。「傷病者情報集約システムを利用した大災害時傷病者受け入れ訓練」が参考になる。
◎用語。SSL-VPNエスエスエルブイピーエヌ IT用語辞典e-Words記事。
◎用語。PKI USB トークン第5話:電子証明書はどのように使われるの?SymanticとVeriSignの記事。

|

« 一楽章未完成 | トップページ | ザ・パークハウス広島タワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一楽章未完成 | トップページ | ザ・パークハウス広島タワー »