« アップル修理なら食料確保を | トップページ | iPadのwifi問題がテザリングで解決 »

2013.11.21

音声認識iPhoneカーナビ

iPhoneを音声認識で使う方法のメモを少々残します。グーグルでの2通りとアップルSiri。

まずはカーナビ経路案内。iPhoneで音声認識で経路を探す方法。(twitterでも書いたもののまとめ)
(その1) 青四角のgoogleアプリ起動して(例)「ひろしまだいがくびょういん (空白...)けいろ」と言えばうまくいく。
(その2)音声入力。googleマップのアプリ起動して、地名検索窓をタップのあと文字キー左下でマイクボタンをタップで音声入力できるが、言い終わったら完了ボタンを押す必要有り。その1の方法と使い分けがよいかも。
(その3)ホームボタン長押しして、Siri画面の状態で 「ひろしまだいがくびょういん への みちじゅん」と言えばうまくいく。地図はアップル製地図が出る。
以上の三通り、googleとアップルが適度に地図サービスで競争しているので利用者にとっては進歩が早いという良い状況です。google一社独走とかMS一社独走とかだったらこう速く進歩はしなかっただろうなと想像してます。

次に参考記事。
(1) 「全iPhoneユーザーが入れるべき!『Google』音声検索...」は2013年4月記事、つまりiOS7が出る前。(iOS7の提供開始は2013年9月)
(2) 【動画】iPhoneのSiriとGoogleナウの音声検索比較...は2013年5月記事。タイマーのセットや曲の再生など。これもiOS7が出る前。
(3) iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決...は2012年3月記事。1年半前の記事。
(4)音声認識と関係はないけど、Google Now機能。2013年発言で「Google Nowで近くのバスの時刻表が出た!広島で出るとは。...」とのkumacharo115 氏の発言。これは良いかもしれない。

するとiOS7でのSiriと、Google検索アプリを比較した記事は意外にもまだ無いという事でしょうか。雑誌社あたりに期待したいです。(紙媒体の記事には出ているのかな?)

|

« アップル修理なら食料確保を | トップページ | iPadのwifi問題がテザリングで解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アップル修理なら食料確保を | トップページ | iPadのwifi問題がテザリングで解決 »