« トイレの紙タオル派熱風派 | トップページ | 音声認識iPhoneカーナビ »

2013.11.16

アップル修理なら食料確保を

今回僕はiPadを修理に出そうとしていますが、アップル社に修理依頼の電話をするにはまず自分の食料確保が大事だ!というのが今回の教訓でした。 (「iPad 刻印で...」の続き。)
Img_4891

アップルに修理を電話で頼むと、
◎待ち時間が長い。
◎待ち時間は何度も起きる
◎質問や説明を何度もきかされる
この三点がイライラの元になります。これ解消するには、手元に、こわれたアップル製品、電話機、弁当、の三点を用意することが肝心なのです。もしも「修理の電話かけておいてから昼メシ食べに出かけるんだ」という計画なら、それは昼メシが30分間は食べられない運命だということです。
今回の例。
12:51 電話かけた。まず機械音声で「ipodなら1、 iphoneなら 2、 ipadなら 3番を押してください」「次のアドバイザーにおつなぎする、おおよその待ち時間は 5分です。」と宣告。ここで5-6分間食事。
(電話の受話器はスピーカーホンを使って机に置いておきます。受話器からは保留メロディ。ピアノ、ビブラホン、パーカッション編成と思われるスローなボサノバ風味の音楽が流れる。)
12:58 つながった。故障状況と引き取りに来ない様子をこちらが説明。(ほとんど前回の復習)
 会話7分間。
13:05から 保留メロディ1分間。
13:06 会話1分間。
13:06から 保留メロディ2分間。
13:08 会話2分間。
13:10 終了。「11/19午前9-12時 にとりに来ます 」との結論。
今日はこの合計20分間の戦いでした。弁当は充分食べられました。これ空腹だったら死にそうになるところです。
ちなみにiPad Airの新品を買って到着後、なにもwifiにつなげない状態でした。
到着から今までの流れは
11/08 iPad Air 到着。WIFIおそらく初期不良。
11/08修理依頼の電話。11/12に宅配業者が取りに行くと返事もらう。
11/12来なかった。
11/14修理依頼の電話した。11/15に取りに行くと返事もらう。
11/15来なかった。
11/16三度目、修理依頼の電話した。
以上です。
(続報11/19火曜朝、ついにヤマト運輸の人がiPad引き取りに来ました。でもこれから修理に何日かかるのかは不明。 俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ...というところです)

|

« トイレの紙タオル派熱風派 | トップページ | 音声認識iPhoneカーナビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレの紙タオル派熱風派 | トップページ | 音声認識iPhoneカーナビ »