« 今も不便facebook検索 | トップページ | iCloudとそれ以前 »

2014.04.20

客船事故イタリアと韓国

 韓国の客船沈没(2014.4.16)を見てすぐに思い出したのはイタリアでの2012年1月の事故です。同じように思い出した人は多いはず。今は良い時代で、数年前の事故の検証資料はwikipediaに集められています。コスタ・コンコルディアの座礁事故(2012)
これを見ると、乗客の誘導をする前に船長がさっさと逃げ出した点あたり、韓国での事故とイタリアの事故はよく似ています。
 また2014年韓国フェリー転覆事故も進行途中ながら記事があります。今回の韓国の船では過積載の可能性とかあれこれ原因について報道が流れていますが、もう少し調査が進めばはっきりしてくるでしょう。
 (船の規模はずいぶん違うけど天竜川川下り船転覆死亡事故2011年では5人死亡。救命胴衣の着用なしでした。)
 二つの事故を見ると、船の外への避難を始める時期は自分で判断するほうが良いかなという気がします。船長や船員からの公式な放送を待っていると船は沈んでいくわけですから。自分で判断して救命胴衣をつけて、自分で船室から外へ出るのが第一歩。その後避難ボートをだせるかどうかは水温の事とか船の傾きだとか少々判断が必要でしょうけども。

|

« 今も不便facebook検索 | トップページ | iCloudとそれ以前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今も不便facebook検索 | トップページ | iCloudとそれ以前 »