« 磁気テープ復権 | トップページ | ジャズドラムス参考動画 »

2014.09.04

HbA1cを薬局で測定

 糖尿病の検査に使われるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を東京都足立区と徳島県の一部の薬局店頭で測定できるようになってきたという話を今日知りました。現在も継続中のようです。
20140904hba1c

 参考になる記事は
(1). 2014年4月「薬局でHbA1c値を測定し糖尿病を早期発見 薬局での自己採血が解禁へ」本文中、「結果で出るまでの所要時間は6分」とのこと。「改定は4月1日付で適用される。医師法や薬事法との関係も整理したガイドラインも近く示される予定だ。 」とのこと。

(2). 2014年5月NAVERまとめ「都内足立区と徳島県で始まったHbA1cの街頭簡易検査のまとめ」
(3). 2010年記事「薬局店頭で「HbA1c測定」 10月に東京都足立区でプロジェクトを開始」
(4). 「糖尿病診断アクセス革命」おそらくプロジェクト代表、矢作直也医師の運営するサイト。実施薬局リストあり。
以上が資料4つ。 指先の自己穿刺なので血液による汚染の注意書きとか止血についての助言などもなにかガイドラインに必要であろうと思われますが今後も広がるであろうとは思います。(検査と運営を続ける費用は薬剤師会が負担しているのか大学の研究費でまかなっているのか、そのあたりは調べていません。数年続いた検査ならおそらく現場では小さなトラブルや対処法の実績もあるでしょう。)

(追記。研究のプロジェクト費用で足立区と徳島県の二カ所は運営されているとわかりました。また出血が止まらないというトラブルは4年間無かったとのこと。足立区薬剤師会に確認ずみ)
(追記。東京都足立区薬剤師会と、東京都糖尿病協会公開講座)2014.6.21の例、茨城新聞2014.8.31記事薬局を健康情報拠点に 県、10月から新事業も参考になります)

|

« 磁気テープ復権 | トップページ | ジャズドラムス参考動画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磁気テープ復権 | トップページ | ジャズドラムス参考動画 »