« パソコン監視ソフト | トップページ | 院長日記を拾い読み »

2014.10.07

生徒向けネット講座

 小学生中学生高校生向けのネット利用方法講座とか、小学生保護者むけのネット利用方法講座というものをチラホラ耳にするので、誰が教えて、どういう内容が教えられているのか、知りたいなと考えています。今日みつかった参考資料は以下のとおり。内容は地方自治体や警察や企業によって違いますし、重点を置く部分も、いじめ防止か、プライバシー保護重視か、詐欺被害防止か、などいろいろです。

220px5th_floor_lecture_hall
(画像はwikipediaより。CCライセンス。 "5th Floor Lecture Hall" by Xbxg32000)


◎岡山県資料「インターネット・ケータイを安全に利用 - 講習会・補助教材のご紹介 -」、中身はNTTやKDDIや地方自治体のものを紹介。警察の資料や文科省の資料のダウンロード教材へのリンクも豊富。
全国webカウンセリング協議会、これは主に、いじめ対策や予防、不登校の対策などが中心。その一部にネットいじめの対策もあり。
◎株式会社ロジカルキット児童生徒向けケータイ講習会、45分から90分程度の講習の様子。
◎エンジェル・アイズ講習会主催者は情報教育アドバイザーの遠藤氏らしい。東京都内の中学校などで実績多数の模様。ネット依存症の解説も有り。
◎(PDF書類)福岡県「子供達をネットトラブルから守ろう!」

◎総務省ICTメディアリテラシーの育成、小学校向け、中学生向けなど、内容いろいろ。ビデオクリップもパワーポイント版ファイルもあり。一部はH18, H21年度の報告など、内容が少し古いかもしれない。

以上。僕の想像では教材を2年か3年で更新しないと通信方法が変化する事が気になります(2007年頃プロフ、2009年頃モバゲータウン、2012年頃LINE など)。また、講師が生徒に何かを教えるという一方通行よりも、生徒、講師、教師の3者がそれぞれ提案、というふうに生徒側からも方向性を示すという形がよいかもしれません。

|

« パソコン監視ソフト | トップページ | 院長日記を拾い読み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコン監視ソフト | トップページ | 院長日記を拾い読み »