« Twitter日時指定で投稿 | トップページ | IIJmio, iPhone 5s »

2015.04.14

大麻合法化後の報告

米国のコロラド州とワシントン州で大麻合法化から1年以上たっているので資料を探しました。今のところ知りたいのは運転への影響と医療用大麻の実績です。
◎2014年1月。コロラド州。大麻合法化 コロラド州で「21歳以上の大人によるレクリエーション目的での大麻使用の合法化」法案が可決。(2012年11月の住民投票。実際の法の施行が2014ということでしょう)参考記事レクリエーション用の大麻がコロラド州、ワシントン州で合法化
◎2014年1月。ワシントン州。大麻合法化
◎2014年5月記事。(合法化4ヶ月後)「マリファナ合法化」の功罪 - 米コロラド大学は大人気だが執筆者:大西睦子(内科医師、米国ボストン在住)記事中に、アルコール、マリファナ、の害の評価の文章あり。また医療用マリファナは、記事執筆時点でアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認されていない件も明記。「米国政府は、医療用、娯楽用ともに、マリファナ合法化への動きに強い反対意思を表明しています」の記述もあり。つまり州での合法化と米国政府の方針はまだ食い違っている点も重要。
◎医学論文。2005年。Cannabis intoxication and fatal road crashes in France: population based case-control study. 2001-2003年の約2年間でフランスで約10000人の運転手を対象にした統計。結論では大麻Cannabisの影響のある状態での運転は事故を起こす可能性を高くするとのこと。ただし現状では致命的交通事故の原因のうちアルコールが原因の事故にくらべると大麻が原因の事故はまだ少ないとのこと。(おそらく大麻を吸う人口がアルコールほど多数派になっていない現状)
◎論文。Is driving under the influence of cannabis becoming a greater risk to driver safety than drink driving? Findings from a longitudinal study. ---2008年。ニュージーランドでの統計。ある年齢層に限ると自動車衝突事故のうちアルコールが原因となったものより大麻が原因でなったものが多いという結果になったような要約(これで解釈は正しいですかね?)。
◎Wikipedia「大麻」での項目 「交通事故との関係」ーー「米国においては、死者が発生した自動車事故において運転者から検出されることのある物質の1位がアルコール、2位がマリファナである。」とあり、出典は横浜市衛生研究所の文章。
◎薬物の検査方法については、「 またですか、大麻の簡易検査ミス 」大麻検査用の簡易キットの紹介あり。
◎論文。Results of the Queensland 2007-2012 roadside drug testing program: The prevalence of three illicit drugs.オーストラリアでの統計。2007-2012年。「roadside drug testing 」とあるので、事故に関係なく道路での抜き打ちテストと思われます。検出された中で多かったのは覚せい剤メタンフェタミンが4割、次に多かったのは大麻で3割、メタンフェタミンと大麻の両方見つかったのが2割くらいという結果。
◎動画 autoblog 日本語記事【ビデオ】大麻を吸った3人が車の運転テストに挑む...2013年記事。取材はCNN。大麻を吸ったあと、最初は順調にみえた運転結果だが、後半で悪化して運転が乱れ始めている動画。(車の後退で失敗しているのはわかりやすい)本文一部「ちなみに、大麻はアルコール販売のように州公認の店で販売され、州法に優先する米連邦法は大麻をすべて禁じており、連邦レベルでは引き続き取り締まりの対象だそうだ」とのこと。
◎合法化後1年の総括記事 Year After Colorado Legalizes, Advocates Say: It's All Good in Pot-land2015年記事。 CommonDreamsというサイト。コロラド州での分析。驚いたことに交通事故では ", a decrease in traffic fatalities, "とあって交通事故死者が減少したとのこと。
◎今の所、僕は医療用大麻(成分)の使用解禁と一般向け大麻販売許可は大きく違う問題と考えています。医療用大麻と呼ばれるのは現時点ではほぼ(大塚製薬)サティベックスSativexの事です。また米国の世論はえてして極端な方向に進むので、米国の一部での大麻合法化を社会実験として5年観察してから日本での合法化を考えても損はしないと考えています。医療用大麻は他の薬剤で代用できないなら導入を急ぐ必要もあるでしょうが少なくとも飲酒運転に厳しい日本で一般向け大麻販売の合法化を急ぐ理由はなさそうです。

|

« Twitter日時指定で投稿 | トップページ | IIJmio, iPhone 5s »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Twitter日時指定で投稿 | トップページ | IIJmio, iPhone 5s »