« 「欧米じゃ常識」の罠 | トップページ | 走り、照明、かき氷 »

2015.09.16

世界一の食料廃棄国は米国

年間の食料廃棄量は1位米国、2位フランス、3位がどうやら日本です。(重量トン単位。)信頼できそうな参考資料は消費者庁の各国における食品廃棄物の発生量(第4ページ、タイトル「各国における...」)です。他の条件だと「国民ひとりあたり比較」とか「重量でなく食料価格で比較」とかあるようですが、ここは省略。またアジア各国の統計は不明で、インドや中国がどうなのかはわかりませんでした。

Foodwastefinal


 最近どこかで「日本が世界一の食料廃棄国!」という文章を見て、読んですぐは納得してましたが、その後、米軍基地のバーベキューの残飯ゴミをふと思い出しました。アメリカ人も残飯バッサリ気軽に捨てるなと思い出して、「食料廃棄 国」ネットで探してみると、ほぼ2通りの統計の数字が出ました。2010年頃の統計で、米国の年間破棄量の「3300万トン」説と、「6000万トン」(5500万トン)説の2通り。統計年度がずれたら2割くらい変化しそうですが、3300と6000では倍違う。そこで 調べたらわかりました。「米国3300万トン」説と、「米国6000万トン」(5500万トン)説の違いは、米国統計の家庭ゴミだけの3300万トンと、「小売店と家庭ゴミの合計」6000万トンが混同されている、ということです。なので米国の年間破棄量を3300万トンとして国別比較をした記事はみな間違い、といってもいいでしょう。僕は食品廃棄が良いとはちっとも思いませんけど大幅に間違った数字を示して節約を訴えるのもよくないと感じました。参考「...なぜ弁当は値引きされない?」
◎日本の農林水産省 統計。各国における食品リサイクルなど...米国は2009年の食品廃棄物「5540万トン」とのこと。リンク元は「食料・農業・農村政策審議会食料産業部会食品リサイクル小委員会
◎ WSJ記事(数字に要注意)  Leftovers: Tasty or Trash?このWSJの記事にでてくる 数字 33 million tons in 2010, according to the Environmental Protection Agency. この33 millionは家庭のゴミ。だから小売業を含んでいません。(WSJ記事では小売業での食料破棄の数字を書いて無いので、まるで3300万トン が国全体の数字のような印象。これが誤解のもと)
◎47News記事 「飽食米国」くっきり 廃棄の食べ物、年間13兆円(***この中にはトン数がない*****)本文中「米国人が残飯などとして廃棄する食べ物が、年間1650億ドル(約13兆1千億円)相当...」
◎英文記事Food Waste in America 本文中、 133 billion pounds が捨てられているとの説明。内訳として、retail and consumer levels の両方を含むので  66 500 000 short tons 6650万ショートトン 相当、つまり 6000万トン相当。
◎英文記事Americans trash about 1/3 of their food, worth $161bn - USDA 2014年記事。本文中 "The shocking statistic gives a new meaning to the term ‘junk food,’ as Americans are sending 133 billion lbs (60 billion kg) of food to the garbage dump each year.  60 billion kg = 600億kg = 6000万トン。 つまりUSDA米国農務省の統計を元にした記事。
◎英文記事。重要。The Estimated Amount, Value, and Calories of Postharvest Food Losses at the Retail and Consumer Levels in the United States いろんな新聞の一次情報はおそらくこれでしょう。USDA米国農務省の統計と報告。2010年で年間133 billion pounds(6000万トン相当)が破棄されているとの数字。(小売段階と消費者段階)
◎(間違いの例)Naverまとめ 飽食大国アメリカよりヒドかった日本の食料廃棄の現状 本文に出てくる 「アメリカ=3300万トン」は家庭ゴミだけ。小売業ゴミを含んで無い。
◎英文Americans Throw Out 40 Percent Of Their Food... このページ下半分の図(ハンバーガーとトラック)も直感的でためになります。今日のイラストはそのサイトからもらいました。
(オマケ。ポンドとkg変換も面倒でしたが、重さの単位ショートトンも面倒な存在です。世界大百科事典内のshort ton 本文中「…(2)ヤード・ポンド法のトンは英トンと米トンの別がある。英トンは2240(常用)ポンドに等しく,約1016.0kgで,ロング・トンlong tonともいい,米トンは2000常用ポンドに等しく,約907.2kgで,ショート・トンshort tonともいう。」とのこと。イギリス人アメリカ人なんとかしてくださいよこの半端な単位。
(追記2015.9.17。「国民一人あたりの食品廃棄物排出量 kg/人」だと、1位からフランス、イギリス、米国、ドイツ、日本の順位のようです。ただしフランスは食品と有機性廃棄物がひとまとめ。以上は消費者庁資料「各国における食品廃棄物」から。)
(illustration from  thinkprogress.org. thank you.)

|

« 「欧米じゃ常識」の罠 | トップページ | 走り、照明、かき氷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「欧米じゃ常識」の罠 | トップページ | 走り、照明、かき氷 »