« IIJ mio関連メモ | トップページ | iPhone6s, IIJ mioメモ »

2016.03.19

IIJ mioのiPhoneへ

SoftbankからIIJ mioへ。iPhone5sからiPhone6sへ乗り換えました。 以下、箇条書きのメモで記憶の範囲で書いておきます。反省点も含めて。 IIJ mioの「みおふぉん」です。

20160319miofone

◎SoftbankからIIJへ変更する目的は通信料金節約。特に買って2年を過ぎてからの通信料で大いに差が出るため。
◎機種がiPhone 5sから6sになっても劇的な速度向上は感じません。以前の3G,4s,5sと乗り換えた時はかなり性能向上を体感しましたが。
◎準備段階。IIJ他各社の格安SIM評判をざざっとネットで確認。
◎準備、月間のデータ転送の使用量。僕の場合は12月1.17GB、1月0.8GB、 2月0.77GBと、多い時でも2GB以内の使用量でした。使用の大半は自宅と職場のWIFI範囲内だからでしょう。
◎準備。(反省)本当はソフトバンクでの5s使用がきっちり2年のところで乗り換えMNP(番号維持の乗り換え)をするべきでした。これのタイミングを逃したため約1万円損しています。
◎準備。i.softbank.jpで終わるキャリア依存のメールアドレスから他のアドレスへの切り替え。僕はこのアドレスを使っていたのはJR予約、医師会、学校、グーグル二段階認証。あと親しい人が数名。あまり使っていませんでした。
◎参考サイト1。 ソフトバンクiPhoneからIIJmioの...2015年記事をじっくり参考にしました。Atsushi氏に感謝。
◎作業順序。(反省)iPhoneデータ移行と SIMの移転の順序。僕の場合先にSIMカードさしてIIJの電波を受信するつもりでしたが、そこでiPhone電源入れるとあれこれiPhone設定作業が必要でした。結果、実際にしたのは、1. SIMカード刺す、2. iPhone設定作業する。3. 平日昼に職場でIIJに電話して電波切り替えを1時間待つ。 3. 自宅に持ち帰る。4. 自宅で一度iPhoneを工場出荷状態に戻す。5. 自宅でiPhone電源いれて「iTunesバックアップから復元」を選んで作業。というふうに進めました。やや遠回りの方法でした。 (今考えると、 先にiPhoneの初期設定をして、その後SIMを移転すればよかったなと思いました。)
◎時間帯。IIJへの移転をする作業「おうちでナンバーポータビリティ」の時間帯が9:00-19:00に限定されているのが少し不便に感じました。本当にありがたい仕組みなんですけど、平日夜に自宅で作業するには向いてない。なので手元に到着したSIMカードの封筒を仕事場に持参して、仕事場でこっそり電話して作業、(1分くらい。自動音声相手に、11ケタの番号と4ケタ番号うつだけ)が必要です。

◎(追記2016.3.20 。APN構成プロファイルの作業。 大事な作業を忘れていました。上記作業の完了後に屋外(wifi無い場所)でSafariを使おうとすると「PDP 認証エラー」と出て通信不能状態となります。wifiでは通信できたが3GとかLTE電波で通信できず、音声通話だけできる状態。これの解決の手順は、iPhoneをwifiの使える場所に持参してiOS APN構成プロファイルページから「iOS 7〜iOS 9の端末」での構成プロファイルをダウンロード(ピンクの四角)してインストールする作業が必要です。 なお iPhone が PDP 認証エラーで通信できなくなったときの対応案 これも参考になります。 )

|

« IIJ mio関連メモ | トップページ | iPhone6s, IIJ mioメモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IIJ mio関連メモ | トップページ | iPhone6s, IIJ mioメモ »