« ランニング費用(未購入分) | トップページ | MacBook外部ディスプレイ »

2016.12.09

長寿とランニング頻度

普段はマラソン練習をしていて、走れば健康だ、ヤッホー!バンザイ!という能天気な勢いで走っているのですがたまには運動のマイナス面も冷静に見ておいた方が良いでしょう。
走るな危険!「ランニングは早死にする」これだけの理由 いかにも危険だぞとあおるタイトル。この見出しだけ5秒で読んで終わるという人は「走らないのが最高だ」と受け取るかもしれませんが、本文をよく読むと 過剰に走るのは体に有害というだけ。記事の第2ページには、「米国心臓学会の専門誌では...「健康的なランニング」の目安を示している。(1)走るのは週に1〜2時間ぐらい(2)走るのは週3日以内とする(3)走行スピード ....」などの目安が書いてあります。
◎上の記事に出てくる 「5048人のランナーを対象に」の 元ネタはおそらくこれです。 Dose of Jogging and Long-Term Mortality 2015年論文。 Peter Schnohr, James H. O’Keefe,他。 1,098 人のジョガーと 3,950人の非ジョガーを比較検討。 最適なジョギングの頻度は週2回から3回であったとの結論。
Too Much Running Tied to Shorter Lifespan, Studies Find 平均年齢46歳の男女合計3800人を調査。
ジム・フィックス - Wikipediaかつてジョギングの神様と呼ばれたシンボルのような人。1984年7月に心筋梗塞で突然死したことで米国のジョギングブームは一度衰退していたような気がします。
Jogging could actually be BAD for you: Too much running increases risk of early death (日本の週刊誌的な位置付け)英国タブロイド紙Daily Mail社のMail online。脅かすようなタイトル。
英国で新聞を読む 基礎知識これは英国版の記事を見たときにどれくらい権威があるのか、右寄り左寄りか、の参考になるまとめです。

|

« ランニング費用(未購入分) | トップページ | MacBook外部ディスプレイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランニング費用(未購入分) | トップページ | MacBook外部ディスプレイ »