« 中学生スマートフォン | トップページ | 動画配信2017各社の現状 »

2017.01.20

歩数計を復活

2010年春から使っていた歩数計(オムロンHJ-113) が電池切れだったので電池を買って復活させました。参考記事は弁当と歩数計記録です。週に2回走るようになってからは歩数を測ることもないと思って歩数計を放置して、久しぶりに復活です。さて今日は、 歩数計や運動量、体重減少についての資料を少々探しました。

20170120pedometer

厚生労働省-- 身体活動・運動 「1日1万歩の根拠」もあり、参考文献も明記あり。
[PDF]「6 ヵ月間の減量支援効果はその後 2 年間で消失する 〜身体 ..」PDF書類。筑波大学。30ヵ月間(減量6ヵ月+追跡24ヵ月)の調査。188人(女性145人、男性43人)が研究参加者。
「歩数計を使って効果的にダイエット!【モチベーションアップ】」やや軽い文章。数字はともかく「励みになる」という心理面を強調。
「何度ダイエットに挑戦してもリバウンド...」花王の記事。 肥満者(BMI 25~40)188人(女性145人、男性43人)対象の研究。 Weight loss maintenance for 2 years after a 6-month randomised controlled trial... Obesity Facts 2014 を紹介。「運動がリバウンドを予防すると示唆された」との結論。
◎歩数計=「万歩計」の名の由来。 「山佐時計計器株式会社『万歩計誕生50年の物語』」がありました。1965年に商品の名をつける時の「運動不足解消のためには1日1万歩を歩きましょう」と直感から想定、 という話が紹介されています。当時は肥満や歩数のデータも少なかったでしょうが、その後のいくつかの研究で1日1万歩が良いという説が多数出てきたのでこの命名は鋭いものだったということでしょう。

|

« 中学生スマートフォン | トップページ | 動画配信2017各社の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中学生スマートフォン | トップページ | 動画配信2017各社の現状 »