« ウェブ画像一括download | トップページ | 柚木城山に登山 »

2017.03.18

2017.3.18 広島緑内障研究会

広島緑内障研究会で、講演の中に登場した論文をメモ。

20170318xalatan

 廣岡一行 先生
Practical recommendations for measuring rates of visual field change in glaucoma ,     B C Chauhan1, Practical recommendations...
Evaluation of retinal nerve fiber layer progression in glaucoma: a study on optical coherence tomography guided progression analysis. Evaluation of retinal...

内藤知子先生
Adherence to Glaucoma Medications Over 12 Months in Two US Community Pharmacy Chains  Adherence to Glaucoma...  (この論文ではないかもしれない)PGセイザイ製剤で12ヶ月で約6割の患者が点眼をやめてしまうという例を示していた

谷戸正樹先生 (論文メモ忘れ)

愛媛大 溝上志郎先生
◎ Family history and risk of primary open angle glaucoma. The Baltimore Eye Survey. Family history and... 兄弟姉妹に緑内障患者がいたら発生リスクは3.69倍に上昇。
◎ Long-Term Follow-up in Preperimetric Open-Angle Glaucoma: Progression Rates and Associated Factors (2015)  これは5年間追跡。PPG。前視野緑内障 Long-Term Follow-up...
◎ The United Kingdom Glaucoma Treatment Study: a multicenter, randomized, placebo-controlled clinical trial: design and methodology.  (2013) United Kingdom Glaucoma Treatment Study

(追記)緑内障研究会。 2017.3.18 ホテルグランヴィア。溝上志郎先生の演題は「GONと GONもどき」 日本緑内障学会の出した 緑内障ガイドライン第3版(2012) の 一部に 「緑内障の本態は進行性の網膜神経節細胞の消失とそれに対応 した視野異常である緑内障性視神経症(glaucomatous optic neuropathy: GON)であり」とある。

|

« ウェブ画像一括download | トップページ | 柚木城山に登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウェブ画像一括download | トップページ | 柚木城山に登山 »