« 黄斑疾患の講演会 | トップページ | 西暦と昭和年号で画像検索 »

2017.11.06

ハンバーグ成功と失敗

最近何度かハンバーグを作って成功とか失敗をしたので、反省点をメモ。前回10月の「ハンバーグのレシピ」の続きです。

20171106b

◎蒸し焼きはレシピによって様々。たくさんお湯をフライパンに入れるのもあり。僕の場合はお湯なしでフタだけでも成功。
◎蒸し焼きをある程度するせいか、中央が生焼けだった失敗は今の所してません。「竹串を通して、赤い肉汁が出なくなったらOK」という判断はいろんなレシピにあります。これ、多分4個焼いたら4個とも串を通さないとダメだろうと解釈。均等に焼けてくれないものだと感じてます。
◎卵あり卵なしはレシピによって様々。どっちでもそこそこ成功。
◎玉ねぎ、分量を間違えると失敗します(当たり前か)。玉ねぎが多すぎると形がまとまりにくいし、焼いてる途中で崩れます。ちょっと玉ねぎ多いけど混ぜたらなんとかなるだろう、と勢いで作ると失敗。余った玉ねぎはスープとかで活用はできるけど。
◎スパイスは試行錯誤。ここは好みか。
◎肉の量。今の所僕が使うフライパンでひき肉300gが上限という印象。
◎つけ合わせ。人参を茹でるのが失敗少ない。

|

« 黄斑疾患の講演会 | トップページ | 西暦と昭和年号で画像検索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄斑疾患の講演会 | トップページ | 西暦と昭和年号で画像検索 »