« 2018年6月 | トップページ

2018.07.17

おひとりさま行動

togetter記事『「キツいおひとりさま行動」選手権へ』を見ました。僕の単独行動経験を書いてみます。これ読みたいという需要もあまりなさそうだけど。一人の単独行動は割と平気です。一人旅も国内とか国外とか経験したし。

20180717b

  • ◎一人ファミレス:何度も経験あり。平気。
  • ◎一人居酒屋:数回経験あり。アルコールあまり飲まないので短時間。
  • ◎休日に一人ショッピングモールのフードコート:数回経験あり。平気。
  • ◎一人ビアガーデン:経験なし。あまりビアガーデンに魅力を感じない。
  • ◎一人海水浴:経験なし。精神的には可能な気がする。
  • ◎一人スキー。何度か経験あり。相手と時間合わせる手間が減って快適。
  • ◎一人映画館:何度も経験あり。全く平気。
  • ◎一人カラオケボックス:一度あり。クラリネット持参で練習。これ快適。

| | コメント (2)

2018.07.15

フォーサム2018東京

フォーサム2018という合同学会に出席しました。眼感染症、眼炎症、コンタクトレンズ学会、涙道・涙液学会、の4つです。よく会場になる東京国際フォーラムではなくて新宿の京王プラザだったので場所が新鮮でした。京王プラザは新宿駅の西側で東京都庁の付近です。ただ会場ホテル内4階5階と42階との移動はエレベーターが混雑して苦労しました。

20180715b

印象に残ったのはロート社提供セミナー「眼の周りのトータルケア」。 皮膚科医矢上晶子先生。フラジオマイシンを含む軟膏での、かぶれの症例は時々あるので要注意。例えばリンデロン眼軟膏、ネオメドロール眼軟膏(どちらもフラジオマイシン含む)。まつげエクステでは、まつげ接着剤(グルー)のメタクリルレート(と、接着剤からのホルムアルデヒド揮発)が眼瞼皮膚炎をおこす。まつげ接着剤(ほぼ瞬間接着剤と同じアクリレート)にもいくつか種類あり、エクステ施術者にも技術のばらつきは大きいようだ。接触性皮膚炎ではまつげビューラーのニッケルやゴム部分も炎症の原因になることがある。二人目演者月山先生の話、 Impact of eye cosmetics on the eye, adnexa,  and ocular surface ( 2016) これが良くまとまった論文(adnexaは眼球付属器)。  まつげダニdemodexの話も一言コメントあり。商品名アイシャンプー、または商品名メシル シャンプー(ロート社)で対処。 三人目宮本先生、化粧品関連コンタクトレンズ汚れのしつこいものにはシード社「ジェルクリン」かロート社「レンズクリア」で対処するのをオススメ、とのこと。 なお参考資料としては、国民生活センター「後を絶たない、まつ毛エクステンションの危害」2015(h27)年資料。

| | コメント (0)

2018.07.10

冷やし中華など

目についたレシピを少々並べておきます。最近、家庭の冷蔵庫で野菜と卵が余る場面が何度かあるので、残ってしまう野菜などを中心に。

| | コメント (0)

2018.07.05

ハンバーグのレシピ、続き

2017年10月から今まで9ヶ月、10回以上はハンバーグ作りました。その後に探した他のハンバーグレシピです。10月の日記は(2017.10.08ハンバーグのレシピ)で、11月の日記は 2017.11.06ハンバーグ成功と失敗です。

20180705b

| | コメント (0)

2018.07.04

きゅうり浅漬け

きゅうり浅漬けのレシピ各種を探しました。

20180704b

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ