2018.09.20

クラウドストレージで迷う

ここ数年、クラウドストレージ(オンラインストレージ)の選択で迷います。 Dropbox, OneDrive, Google Drive(近日名称がGoogle Oneに変更?), Amazon Drive, iCloud Driveといったあたりの選択です。

20180920b

僕個人だとMac, iPhone, iPad などアップル製品が多いので iCloud Drive中心が便利です。(例えば iCloud フォトライブラリは写真が自然に同期できていてiPhoneやMacから過去の写真をすぐ呼び出せて便利)  でも個人でなく、会社向けとか、今後10年以上続き構成メンバーも入れ替わる組織の場合、大勢で使うにはあれこれいろんなサービスを比較するのが大事になります。なお予算と容量については、1TBの容量で年間で10000円くらいが2018年現在の目安かなと感じます。

 気になるポイントはクラウド上に置いたファイルの全文検索の容易さです。複数人で何年か使っていると過去文書を探すのは全文検索が大事になってきます。(ファイル名の命名規則とかフォルダ名管理ではどこかでルール違反が出るもの)

参考記事A 。「Bind Camp」サイトの記事。「5大クラウドストレージ徹底比較。グループワークの仕事効率化に役立つのは?」

参考記事B 。「主要クラウドストレージの機能比較2018, Dropbox、Google Drive、Onedrive… オンラインストレージのスペック・料金まとめスプレッドシートつき」内容は2017年執筆で2018.8.1更新 。

参考記事C 。「今日の経営」サイト。「Dropbox、Googleドライブ、OneDriveは何が違う?オンラインストレージ比較」 この本文中「iCloud DriveだけがAndroidアプリを提供していない」 「検索の使いやすさが大きな武器になる」「検索精度の高さにおいてはGoogleドライブが圧倒的に優れています。」あたりが重要かと思います。(もしかしてMicrosoftが頑張れば OneDrive内部での検索は今後もっと改良されるか?) (追記。この記事本文中 「Googleドライブにアップした画像・PDFなどのファイルは、自動的にOCR処理が行われますので、テキストによる検索が可能となります。」とあり。)

参考記事D 。 「オンラインストレージの全文検索の比較」この人の場合のスキャニング書類ではEvernoteプレミアムが良い結果との事。「なお、資料はスキャニングした時点でOCR機能によりテキストデータが埋め込まれているので、それぞれのオンラインストレージでのOCR機能自体は比較できない。.... 検索した言葉は漢字9文字の言葉である。」との条件。(つまりword, excel などでの保存文書ではまた違った結果になりそう。)

(追記) 参考記事E。 2018年記事、『意外と知られていない「Googleドライブ」OCR機能で文字起こし検証...』では各種のスキャン画像でOCR機能をテストして誤認識を確かめています。印刷物ならばかなり良い精度のようです。

| | コメント (0)

2018.09.12

twitter 発言を条件検索

twitter標準の検索機能で自分の弁当画像を振り返りました。

20180912b

twitterをブラウザで開いて 画面上「キーワード検索」窓で、単に「弁当」と打つと見知らぬ人のツイートが大量に検索結果で出てきますが、今回は自分の発言に限定します。「キーワード検索」窓で「from:@naohiko7 今日の弁当 since:2017-01-01 until:2017-02-28」これを打てば2017年1月2月の期間だけの弁当ツイートが出ます。「今日の」や「弁当」の単語を含む僕のツイートが多数見つかります。(公開発言なので、ログインしなくても誰でもできます)

◎問題点1. 検索結果件数が表示されない。 数を数えるには向かないようです。

◎問題点2.  検索結果の並び方が不規則。画面の上方に2月の結果が並ぶかと思いきや結果が日付順に並ばない。twitterこの検索結果順序、なんとかして欲しいです。

他の使い道として、2018年8月だけ、英語だけ、宮島口駅から10km以内、などの位置情報限定 言語限定も面白いです。「miyajima since:2018-08-01 until:2018-08-31 lang:en near:宮島口駅 within:10km」で英文ツイートのmiyajima発言が並びます。 (他の言語は 韓国語lang:ko、中国語lang:zh ドイツ語lang:de 日本語lang:ja など) 続けて、韓国語で miyajima since:2018-07-01 until:2018-08-31 lang:ko near:宮島口駅 within:30km、中国語でmiyajima since:2018-07-01 until:2018-08-31 lang:zh near:宮島口駅 within:30km、スペイン語でmiyajima since:2018-07-01 until:2018-08-31 lang:es near:宮島口駅 within:30kmも成功。 これ観光客の生の声を収集するための方法として、(アンケート代わりに)少しは役立つかも知れません。

 なお、参考にした検索方法のガイド。(A)Twitter検索コマンド全まとめ。日付指定やアカウント内検索など23個2017年 Appliv記事。と、(B)Twitterの便利な検索機能「検索コマンド」の使い方まとめ2018年 ぽこみち日和 記事。(C) 「【厳選】Twitterの検索効率がめちゃ...」各種言語オプションも説明。2015年記事。 (D)公式の Twitter公式、検索とトレンド 。以上です。

| | コメント (0)

2018.09.08

石狩データセンター

アスキー記事「石狩データセンターへの電力供給が回復」(非常用電源装置で約60時間を無停止で乗り切る)(さくらインターネット)の記事を見ました。 日本を代表するであろうデータセンター、石狩のこの設備が60時間の停電を乗り切ったのは立派な業績だと思います。非常用電源設備、IT世界でも大事です。

| | コメント (2)

2018.08.31

クラウドのデータ消失

クラウドのサービスでの、大規模データ消失事件を探してみました。

20180831b

(A) 2009年2月 。NTTデータのブログサービス「Doblog」障害 gigazine記事NTTデータのブログサービス「Doblog」がハードディスク障害...と、 NTTデータDoblogの障害を見て~やはり辞めてよかったと思う元社員と、 Doblogを投げ出したNTTデータの言い訳を参考に。

(B)2011年5月。NTTコミュニケーションズのパブリッククラウドサービス「WebARENA Cloud9」障害。 NTTPCのクラウドサービスで障害、復旧時期は未定(おそらく5日以上の障害あり。)

(C)2012年6月、ファーストサーバ社で共有サーバーのデータが消失。被害にあった顧客件数は5698件。被害を受けた企業や大学も多数。  ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」(日経記事)

(D)各種の事故の報道まとめ。上記のDoblog、ファーストサーバ、amazon EC2などを列挙。アドバンストデザイン社の記事。「クラウド(Cloud Computing)の問題点」

(E)  ファーストサーバショックを超えて業界が取り組むべきことASCII。2012年07月記事、大谷イビサ氏執筆。ファーストサーバの他にも停電事故や火災、などデータセンターの運用についての提言。

(F)NAVERまとめ記事。こんなにあった!クラウド大規模障害まとめ2013年記事。さくらのクラウド、WebARENA Cloud9、Google App Engineなどなど。

| | コメント (0)

2018.05.12

Googleマップで共同作業

Googleマップ作業メモ。今日の目的は「地図上で複数の地点に印をつけて、それを複数の人で編集する作業」です。

20180512b

Googleマップは便利な道具ですが各種機能が数年おきに変更されるので注意が必要です。 なお、googleマップでの機能、「マイプレイス」>>「保存済み」>>「場所のリスト」と、 「マイプレイス」>>「マイマップ」は別物です。(僕の場合はこの二つ、思い違いをよくします) 複数メンバーで編集するのなら「マイマップ」にする必要があるようです。 詳しい作業手順はHepHep!の「Googleマップでマイマップを作成して共有する方法」(2018年記事)を参考にしました。 今後は「ルートマップの作成」もやってみたいところです。

| | コメント (0)

2017.12.02

Chrome上の電子カルテ

webブラウザ上で動作する電子カルテが各社から販売されているので 軽く調べました。webブラウザ上、「Google Chrome」が条件というのが多数派。 windows, macOS 両方の環境で動く商品がいくつかあり。 iOS, Androidなどタブレット対応は各社様々。 以下の項目(1)(2)(3)がChrome上動作。(4)(5)は独自アプリケーションのようです。

20171202b

(1) 『カルテZERO』。「完全無料」を掲げる商品。 動作環境『「Google Chrome」が動作すれば WindowsでもMacでも』使用可能 タブレットには非対応。WindowsOS搭載タブレットPCは対応。 運営会社の収益の説明は、公式サイトでは 「『カルテZERO』の普及に合わせて以下の収益モデルがあります。 ・レセプトチェックサービスを含む経営支援サービス『カルテFRM』 ・処方時に薬剤情報を提供する『カルテMR』」とのこと。このうち 「通常2ヶ月かかる診療報酬の当月受け取りを可能に。」といううたい文句の「カルテFRM」は画期的かもしれません。

(2) セコム オーウェルOWEL 動作環境 Windows, macOS, iOS, Android 初期費用0円、月額利用料7.75万円(税別)から、など。

(3) クラウド電子カルテ CLIPLA 商品の一部に眼科専用CLIPLA Eyeもあり。 「電子カルテ:Windows, Macで動作するGoogle Chrome 最新版」 「スマホアップロード機能:iOSで動作するGoogle Chrome 最新版 」 CLIPLA Eye、初期費用 138万円月額利用料 4万9,800円とあり。

(4) (ブラウザ上ではなさそう) クラウド型電子カルテNOA X(ノア エックス) 動作環境は「WindowsOS 7以降、MacOS 10.11以降、iOS 10.01以降、メモリ4GB以上、解像度1024×768以上です。」とのこと Q and Aの中にブラウザは Chromeを推奨とのこと。

(5)(ブラウザ上動作ではない) OpenDolphin (Chrome上ではないが)  windows, mac, iPad 対応、という OpenDolphin 

| | コメント (0)

2017.11.09

西暦と昭和年号で画像検索

西暦と昭和年号を「1971 s46」のように並べて画像検索すると大量に懐かしの雑誌表紙が出てきます。

20171109b

偶然今日発見しましたが、西暦だけで探す時とは明らかに異なる画像が出てきて、(当たり前ですが) 昭和の年号を入れると日本の雑誌が主体になります。 例。西暦だけ1970は当時の大学生の姿や社会運動。 で、西暦と昭和年号だと1970 s45のように雑誌表紙。 1971 s46とか、 1972 s47とか、 1973 s48のあたりは雑誌が中心。 (昭和でも昭和20年代はかなり傾向が変わります) 検索結果上位に中古車と雑誌が多いのは、中古車を販売する会社とか、古本を販売する会社がたくさん雑誌表紙を登録していたり、雑誌に関するブログが多いということかもしれません。参考に元号から西暦の変換表もどうぞ。

| | コメント (0)

2017.09.18

スマートフォン値段と機能

モノの値段って色々な世界でそれぞれの価値観があって、「良いものが高い」と単純に言えないことが多いみたいです。さらに値段を左右する趣味性とか希少性の要素が入るとさらに複雑な事になります。で、時計、自動車、パソコン、スマホあたりの値段の話を、ほぼ印象だけで書きました。根拠は少なめです。

20170918b

◎ 時計の世界:500円から1万円だと、多分実用性とか信頼度で、安いと壊れやすい、高いと頑丈、または高いと正確、という序列あり。1万円を超えると輝きとか装飾とか歴史的価値とか趣味性が入ってきて10万円から100万円と様々(よく知らない)。
◎ 自動車の世界:これも50万円から200万円くらいの幅ならば実用性とか信頼度で、順番が揃っている印象。200万円から1000万円くらいで色々趣味性とか、どこに重きを置くかの優先度が色々入ってきて(乗車定員、最高速度、荷物容量、車体大きさ)複雑な値段設定。1000万円超えて1億円くらいまでは希少性とか塗装とか椅子材質とかあれこれ趣味性が大きいかも。単に馬力がでかいのが高価とも言えず。1億円以上の車だと世界限定200台なのか500台なのかという数字が重要みたいです。
◎ 家電の世界:比較的「機能が多い、頑丈、使いやすい」あたりで価値が決まるものが多いみたい。 一部の高級品は手触りとか輝きとか装飾要素が多いかも。
◎ パソコンの世界:(時計や自動車と全く違って)「低い性能で高いモノ買う人間はバカ」という強烈な価値観が9割くらい支配してる印象です。かなり僕の主観で比べてますけど、1990年から2010年を通して考えても、尊敬されるのは「こんなにスペックの数字が良いけど、これだけ安い」というお買い得マシンです。装飾要素の多い「外観に力を入れたパソコン」「デザインにお金をかけたパソコン」は上級者たちが軽蔑の言葉で叩いてきます。アップル製品に限らずWindows界のNECや ゲーミングPCのAlienwareもそう。高級感とか手触りの良さはあっさりと軽蔑されます。自動車界だとボディの高級塗装に30万円追加しても尊敬されますがパソコン世界では外装ボディに5000円追加で黒塗りにという選択肢は滅多に実現しません。
◎ スマートフォン、スマートウォッチの世界の値段:中身はコンピュータでできているスマートフォン、スマートウォッチですけど、この値段の付け方は時計、自動車のような価値観とコンピュータ界の価値観が両方入り乱れて混沌としています。高級な選択肢(と高級な製品)を作って高い値段をつける主役はアップル社。そしてソニーやサムスンも一部製品は高級な価値をつけようとしています。でも必ずパソコン古参勢力からの「たったこれだけのスペックの機種にどうして10万円を超える値段をつける?」という攻撃の声が出ます。メーカー側はそういう批判の声を無視するしかないでしょう。どんなに立派な高級ガラスと趣味性の高い皮バンドが付属しても値段が高すぎという声は必ず出ますから。
◎ という事で、まとまらない話ですが、これからのスマートフォン界、一部の高級機種の他は低級、中級機種と値段の幅は広がりそうな予感です。おそらく高価格の方は製品の仕上げとか金属塗装とか、「パソコン的で無い」部分にお金をかけたモノも増えるんじゃなかろうか、という予感もしています。

| | コメント (0)

2017.08.13

SNS雑感

「 11のソーシャルメディア最新動向...」 という記事を見つけました。

20170813b

利用者数の多い代表的SNSの年齢別利用者数などを比較。 普段自分で触れないSNSもあれこれあるし、2週間くらい使って飽きたというSNSもありますが、やはり「自分で実際に触れないと何もわからない」というのがSNSの特徴ですから、たまにはこういう統計ぽい記事も目を通して、世間の動きを知っておく必要を感じます。今年の状況だと僕が使う頻度はtwitter, instagramが多くてあとはたまにPinterest, facebookとかあれこれ。自分で書いている量はtwitterそしてブログ。
  ◎Google+(グーグルプラス)。気がついたら機能が増えてました。今はアクティブな利用者も少ないgoogle+ですけどこの大企業がしぶとく維持しているサービスですから何かのきっかけで大躍進するかもしれません。例えば僕がなんとなくfacebookに感じている不満である過去記事の検索機能とか、特定の話題に人を集めるコミュニティ機能とか。このあたりを強化すればgoogle+が大逆転する可能性もあるかなとぼんやり感じてます。
◎Pinterest(ピンタレスト)。暇な時にたまに使うというくらいの頻度ですが。なんだか利用者の中で白人高収入女性が多いとかいう話も聞きますが。白人女性がどう使うかは当面僕には無関係でして、僕の発見は「Kyoto」「Architecture」とかのキーワードで面白い写真ネタがあれこれ出てくる、という印象です。(他にもあるかもしれない)

| | コメント (2)

2017.07.21

広島県のイベント情報

広島県付近と広島以外での地域イベント紹介サイトを探してみました。

20170721b


まず広島県の周辺。
ひろしま観光ナビ、イベント情報---表紙に並ぶイベント写真では開催月日が示されていないのが弱点か? 広島県観光連盟が運営。
広島県の明日のイベント---ウォーカープラスの角川が運営。まず月日で絞る、とすると多数イベントがでてくる。わかりやすい。画面右に広告が多い。
ひろしま出会いサポートセンター---(ひろサポ)やや特殊分野ですが合コンやパーティー関連のイベント紹介
「ぷれこ」---福山市の地域情報おでかけサイト。音楽、料理、教育などイベント紹介
広島イベント速報 - 食べタインジャー---食べ物に限らず各種文化イベントも紹介。ただし終了したイベントも見出しに並んでいるというのは編集の更新がちょっと遅いからか?
(参考に広島以外の地域で、福岡県、愛知県、東京都、富山県)
福岡県のイベント「イセバ」---音楽、祭り、文化イベントなど。表紙が割とわかりやすい印象。トピックス欄に近日開催のイベントが3個並ぶのも便利。
名古屋情報通---お店が開催するキャンペーンが多い印象なので公的な行事は少なめに見える。
GO TOKYO---東京の観光公式サイトですが、イベント検索というより観光全般の案内という感じでしょうか。イベントを探すならチケットぴあ、夏イベント2017などが良いのかもしれません。
とやまブランド---富山県の特産品など紹介。イベント紹介は少なめ。
OSAKA-INFO---スポーツ、文化、祭りなど。
大阪府のイベント---ウォーカープラス。
子供とお出かけ情報サイト、「いこーよ」---大阪版。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧