2018.04.27

京都大阪メモ

京都大阪付近の資料メモです。

| | コメント (0)

2018.04.08

周防大島、資料

山口県の周防大島(すおうおおしま)の資料を集めました。広島市から周防大島まで車で1時間半くらいです。

| | コメント (0)

2018.04.07

自転車台湾一周「環島」

自転車で台湾を一周する「環島」(ホァンダオ、かんとう)という旅の形があって、台湾の観光当局も力を入れて宣伝をしているようなので少し資料を探しました。

20180407b

| | コメント (0)

2018.03.21

日本ハワイ移民

山口県、周防大島(すおうおおしま)の日本ハワイ移民資料館に行って、勉強になりました。入館大人400円の価値あり。要約するとだいたい140文字。「日本ハワイ移民資料館。建物は明治時代成功した貿易商福元長右衛門の家。明治18(1885)開始のハワイへの官約移民の歴史を写真や道具で展示。1階奥のビデオ14分間上映は中身が充実。当時のハワイ移民は山口県広島県が多く1885-1894年移民約3万人のうち山口県民が約1万人。」  なお、移民の背景としては、当時のハワイはサトウキビ生産のために人材不足が深刻だった事、当時の日本は全国的な不況と自然災害で失業、食料不足という状態にあった事があるようです。 オマケとして、資料館に行く道路はやや狭くて場所も少し奥まった場所でした。大島大橋を渡ってから4kmくらい。

(追記。資料館の中の展示物は日本語と英語の二か国語表記。ハワイからの来客への配慮でしょう。古い日本語資料も英語解説でわかるという面があります)

20180321b

| | コメント (0)

2017.10.29

2002年讃岐うどん

昔の旅行メモです。2002年讃岐うどんメモ。2002年10月12日、13日(おそらく1泊2日?)に香川県へ。うどんを食べたのは、善通寺の山下で一回と、「おがたや」で2回でした。実質二軒しか食べてないのが残念ですが。

20171029b

◎山下実にうまかった!力強くコシの強力な麺。
◎「おがたや」は二回いったので自分なりに大根とネギとショウガの混合比率のコツがつかめた。行列は10人くらい。山下に比べるとコシは弱い。
◎(宮武は断念。 人の行列が30メートルくらいあってあきらめた。)
香川県、うどんの他は、こんぴらさん神社は楽しめた。ニュージーランド村は退屈であった。
(2003年12月に、めだまカフェ日記がブログ形式で開始。それ以前の日記的なメモはHTMLでの「めだまカフェ」の一部にありましたがネットにはもう公開していません)

(追記。2002秋の香川旅行では、「山下うどん」香川県善通寺市与北町284-1 と 「小懸屋」(おがたや)香川県仲多度郡まんのう町吉野1298-2 で食べています。宮武は行列が長かったので店の前で断念。他は 名前を知らない神社や、ケーキ屋さん、こんぴら神社、四国ニュージーランド村 などを訪問。)

(追記と訂正。山下うどんは2002年当時は善通寺市与北町1017でした。2010年4月に少し南に移転して善通寺市与北町284-1となり、外観も変わっています。 食べログ記事「山下うどん」を参考に。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.30

広島島根やまなみドライブ

「広島県島根県観光ドライブガイドブック」で紹介されている店をメモ。

20170830b

しまうまカフェ島根県松江市乃白町64 、 こめじるし島根県邑智郡邑南町上田所1570、コーヒー、食器、雑貨など。 ピッツァ アモーレ仲田屋広島県世羅郡世羅町東神崎394-7、 よもぎカフェ広島県庄原市口和町宮内285、コーヒー、紅茶、ケーキ、ランチ、コース料理、など。

(追記) 「広島島根 観光ドライブガイドブック」他には鉄道遺産広浜(こうひん)鉄道今福線、世羅高原農場、島根ワイナリー、玉造温泉、なども紹介。広浜(こうひん)鉄道今福線に関しては個人ブログの幻の広浜鉄道今福線と、浜田市広浜鉄道今福線(浜田市公式サイト)を参照。

| | コメント (0)

2017.08.03

老後アジア移住の問題。続編

以前に「老後アジア移住の問題」を書きましたが、その後に参考資料は増えたかなと調べてみました。

「老後の海外移住を考える方は必見」2016年記事。「介護のみかた」サイト。永住権を取る条件や、生活費の参考金額を地域ごとに書いています。オーストラリア、NZ、マレーシア、ハワイなど。「介護が必要な状態になった場合は、海外では十分なサービスが受けられない可能性があります。」と介護面の解説は少なめ。全体に永住よりも数ヶ月のロングステイを勧める論調。
「海を越える日本人高齢者〜老後をフィリピンで暮らす」2016年記事。 筆者は槌屋 史子 (つちや ふみこ)氏。移住した人間たちの統計をみて冷静に分析する文章。「フィリピン初の外国人向け介護施設ローズプリンセスホーム」での取材の内容もあって興味深い。
老後は海外移住! 海外在住歴15年のライターが徹底解説!2016年記事。 なぜか「すでに15年を海外で過ごす筆者」と言いつつ移住先の国の名前を書いてないところにがっかり(つまり記事の信頼度は低い)。「健康面の心配」の項目も現地で民営の医療保険に入ることをすすめるだけで、実際の病気の体験談が無し。(株式会社ネクサス・アールハウジングのサイト。)
「人気のマレーシア 海外老後移住の現実...」2017年記事。マレーシア移住 のリタイアメントビザの取得条件がここ10年で厳しくなってきた事などを紹介。全体にマレーシアへの移住は高めの生活費が必要だとの文章。

(追記2017.8.16 。老後はフィリピンで介護生活を送れるのか2014年記事、 「フィリピン・マニラ 日本人高齢者を受け入れる介護...」2013年記事では 「ローズ・プリンセス・ホームは、経営の混乱で日本人職員が全員退職してしまい、」と現状報告あり。 )

| | コメント (0)

2017.05.06

京都旅行2017

京都に行きました。今回の主な収穫は3点で、 琵琶湖疏水記念館 (入場無料)と 島津創業記念資料館(入場300円)と 京都鉄道博物館(入場1200円)です。

20170506b

琵琶湖疏水(そすい)というのは要するに大きな用水路。琵琶湖の西の端っこ(大津市)と京都市を東西に結ぶ用水路です。明治の初期に完成した歴史上の意味と、水確保、水運、インクライン(傾斜鉄道)という意味で おおがかりな事業だし明治の遺産として面白い部分です。今回はインクラインの線路の部分も歩いたし博物館もじっくり展示を見ておきました。なお軌間は、煤式自動連結器の記事「琵琶湖疏水インクライン」では現地測定で2540mmあったとのこと。 新幹線の1,435 mmよりも随分広いんです。
◎ 島津創業記念資料館これは大変見応えがありました。明治の時代、初代・島津 源蔵と、二代目・源蔵が大変な努力をして日本の科学技術発展のために各種機械を製作販売していた歴史がわかります。今の島津製作所は 一般消費者向けの製品はあまりないので名前を知らない人が多いでしょう。医療機械や分析機、航空機部品などいろいろな製品を製造。歴史上の主な業績は日本初のレントゲン撮影装置、GS蓄電池、(GSはGenzo Shimazu島津源蔵の頭文字から)、発電機などなど。なお展示の一部に田中耕一ノーベル賞受賞関連情報もありました。研究をする場所は大学だけじゃないんだよということを田中氏がビデオ映像で語っていました。
◎ 京都鉄道博物館は2回目の訪問。2回目だけど色々見て感心するところがたくさんありました。今回見たのは、直流電化、交流電化、変電所、台車の懸架装置などなど。また京都市電は、wikipedia京都市電を見ると「1895年に京都電気鉄道によって日本最初の一般営業用電気鉄道として開業され」とあり、かなり早い時期の電化です。参考に 東海道本線は1928年(昭和3年)までに東京駅 - 熱海駅間の電化が完成、と京都より30年くらい後になります)
◎ 以下は行動メモ。京大博物館、琵琶湖疏水、蹴上(けあげ)インクライン、菓子「茶房チェカ」、細見美術館デザイナー杉浦非水作品展示、スマートコーヒー。 島津創業記念資料館、カフェ ビブリオティック ハロー、漫画ミュージアム、京都伝統工芸、伊右衛門サロン、京阪鉄道、炭火焼鳥ツキトカゲ、上島珈琲店、鉄道博物館。

(追記。蹴上インクラインの事は2016年に 「傾斜鉄道と広島空港大橋」でも書きましたが 荷物を積んだままの船を貨車に乗せてレール上で動かし、電動ウインチとワイヤーで貨車を引っ張る仕組みです)

| | コメント (0)

2016.11.22

傾斜鉄道と広島空港大橋

京都の蹴上インクライン(けあげ いんくらいん)を調べているとなぜか関連事項で 広島空港大橋に行き着きました。斜面で荷物を運ぶ機械は土木工事でも活躍するということです。

20161122incline


◎「インクライン」は荷物を運ぶケーブルカー。wikipedia ケーブルカーの説明だと傾斜鉄道のうち、人を乗せるのがケーブルカーで荷物を乗せるのがインクライン incline 。  
◎(ただし、神奈川県愛甲郡のあいかわ公園には、なぜか『インクライン』の名前のまま人を載せている例外的なのもあります)
◎京都の蹴上インクラインは昔使われた傾斜鉄道。台車に船を載せて坂を上下するという不思議な貨物輸送のやり方。1891年から1948年まで使用。京のスポット、蹴上インクラインに桜の季節の写真あり。wikipedia蹴上インクラインに詳細あり。水路と線路がつながっている白黒写真あり。鉄道が未発達だとか舗装道路のトラックが未発達という時代には大きな役割があったのでしょう。
◎蹴上インクラインの水路と線路の写真は【京都】世界最長の傾斜鉄道跡「蹴上インクライン」を廃線さんぽにあり。サイトの名前は「東京さんぽ」だけど、全国各地を取材。
◎蹴上インクラインは、琵琶湖疏水(びわこそすい)の一部という役割もあり。琵琶湖疏水は上水道、水運の役割を考えて工事したので、水運としては琵琶湖疏水と蹴上インクラインがひとまとまり。
◎個人ブログでは蹴上インクラインふたたび…1記事に蹴上インクラインの説明あり。ブログ題名は「水路をゆく・第二運河」。水運関連の施設を見て回るという趣味が渋いです。
◎ここから広島県。空港大橋右岸側下部工事(急峻な地形でインクラインが大活躍)との記事。橋をかけるための7年間の工事で工事期間中、インクライン2本を使って斜面の資材運搬をした、という説明と写真。33度の勾配が迫力。この工事が終了したのでインクラインも撤去。
広島空港大橋は2011年4月20日開通。場所は広島空港よりも北。広島県道49号本郷大和線という南北に走る道の途中で、沼田川を渡る部分。

(追記2016.11.24  蹴上インクラインの軌間(ゲージ)は、「煤式自動連結器」の琵琶湖疏水インクライン2007年記事によると実測2540mmであった、とのこと。)

(追記2017.5.7。2017年春に蹴上インクラインと琵琶湖疏水記念館、じっくり見ました。京都旅行2017をどうぞ)

| | コメント (0)

2016.11.07

京都市の地下鉄キャラ

京都には年1回くらい行く用があるので京都市交通局のポスターも少々覚えました。

20161107kyoto


◎ (1)前からポスターが続いている女性キャラクター「太秦萌(うずまさもえ)」、「松賀咲(まつがさき)」「小野ミサ(おのみさ)」と、今年のアニメ化。地下鉄キャラ「太秦萌」、まさかのアニメCM化。三人もいるとは初めて知りました。
◎ (2) 「“地下鉄に乗るっ”シリーズに新キャラクター登場!小野陵...」今年から出た男性キャラクター「小野陵(おのりょう)」とその友人「十条(じゅうじょう)タケル」 でも記憶に残ってるキャラは女性一人と男性一人だけです。多分京都に行くたびに同じ地下鉄の駅、同じ通路しか歩かないので、限られたポスター1,2枚しか僕の視界に入ってなかった、という事でしょう。
◎ 探してみると広島市のアストラムラインもキャラがいます。こちらは人間形ではなくてズバリ車両の形。「アストラムラインくん」
◎ (追記2016.11.11 広島電鉄にも鷹野みゆきというキャラがあったようです。)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧